甲子園で球児たちに聞いた「白スパイク」の効果。32校中14校が導入

◆「史上最悪の大誤審」。当事者が明かす大荒れ試合の記憶>>

 導入は、正解だったようだ。

 8月10日に開幕し、17日に閉幕した「2020年 甲子園高校野球交流試合」。今回、出場した32チーム中14チーム(明徳義塾、天理、創成館、平田、明豊、智弁学園、鹿児島城西、桐生第一、帯広農、健大高崎、日本航空石川、鶴岡東、大阪桐蔭、智弁和歌山)が今春から使用が許可された白スパイクを使用した。


甲子園で初めて白スパイクで登場した明徳義塾ナイン

 白スパイクとは、文字どおり白色のスパイクのことで、近年の猛暑による熱中症対策として昨年5月に高野連から使用可能のアナウンスが出された。

 甲子園で最初に白スパイクを履いたのは、大会初日の第2試合に登場した明徳義塾だった。導入の理由を馬淵史郎監督は「泥臭い明徳でも(スパイクを)白にしたらスマートに見えるやろ」と冗談を飛ばしたあと、こう言った。

「選手には好評ですよ。聞くと、『熱を感じない。履きやすい』と言うね。素材も違うのか、軽く感じるらしいですよ」

 白スパイクの効果については、スポーツメーカーのミズノから「表面温度は20度」「内部温度は10度」も低いという研究結果が発表されている。

 はたして、本当にそうなのか。

 実際に使用した球児たちに感想を聞くと、「あまり変わらない。気分だけです」(平田/黒田秦司)という意見もあったが、ほとんどが歓迎コメントだった。

「(中村良二)監督に『どっちにするか決めろ』と言われて、キャプテン中心に話し合って、白スパイクに決めました。白スパイクだと熱さが全然違います。足からの熱がないので、風が涼しく感じます。黒スパイクのときは、足がやけどみたいに水ぶくれになったこともありました。とくに人工芝の球場とかはきついですね」(天理/田中勝大)

「独自大会から使用しています。黒スパイクより熱くなりにくいので使いやすいです。軽くて動きやすい感じがします」(創成館/二日一涼介)

 練習時から白のスパイクを使用していた帯広農・前田愛都はこう言う。

「熱さが全然違います。黒スパイクは熱すぎて、攻撃中のベンチでときどき脱いでいました。白にしてからはしなくなりました。白スパイク、いいです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)