高校球界に元プロ監督たちが急増。イチローが示した技術伝承の意義

 元プロ野球選手が高校生を指導する現場に立ち会ったことがある。

 元プロ選手の実技と言葉に目を輝かせて見入る高校球児たち。それは映画『フィールド・オブ・ドリームス』のワンシーンのような、ほんのりと胸が温まる光景だった。

 今年12月、イチロー氏(シアトル・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が智辯和歌山の野球部を3日間指導したことが話題になった。現在もトレーニングを欠かさず本質的には「現役選手」であるイチロー氏の動き一つひとつが、智辯和歌山の選手たちにとって大きな学びになったに違いない。


智辯和歌山での指導を終えたイチロー氏(写真右)と同校監督の中谷仁氏

 プロ・アマの関係は雪解けが進んでいるといっても、いまだプロ球団に在籍している人間は高校球児に指導ができない状態が続いている。現在もマリナーズに在籍しているイチロー氏はその功績が考慮され、特例としてオフシーズンの間だけ高校生への指導が認められた。

 プロ・アマの完全な雪解けのカギを握る存在こそ、両者の実情を知る元プロの監督だ。現在、多くの元プロ指導者が高校球界で後進の指導にあたっている。

 イチロー氏が指導した智辯和歌山の中谷仁監督も、元プロ指導者である。

 1997年のドラフト会議で阪神に1位指名された中谷監督だが、不幸にも目を故障したこともあり華々しい活躍はできなかった。それでもひたむきな人間性は誰からも評価され、15年の現役生活を送った。

 2017年からは智辯和歌山のコーチに就任。それ以来、往時の勢いを失っていた同校は息を吹き返した。2018年春にはセンバツ準優勝するなど、再び全国トップクラスの実力校に。2018年夏の選手権終了後には、恩師である高嶋仁監督の後を継いで中谷監督が就任した。

 智辯和歌山といえば、高嶋監督時代は打撃力を重視した野球が特徴だった。中谷監督は恩師の魂を受け継ぎつつ、捕手らしい緻密さをミックスさせた。

 中学時代には遊撃手だった東妻純平(現DeNA)の強肩を見込んで捕手転向を提案し、心得を叩き込んでいる。東妻は高校時代、このように語っていた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)