出来高+で実際は年俸7億超え!?坂本勇人&村上宗隆の上をいくソフトバンクのみならず現代のプロ野球界を代表するスター選手とは!?【プロ野球歴代年俸RANK8位】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 柳田悠岐の年俸は6億2000万円で歴代8位にランクインしている。
  • 柳田は4年連続20本塁打以上3割打者を記録するなど長年ソフトバンクを牽引してきた。
  • 今季終了時点でソフトバンクとの7年契約の残り3年分の内容が見直される可能性があり注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

1位はなんと●億円⁉プロ野球歴代年俸ランキングトップ10

プロ野球選手と言えば、日本のスポーツ選手の中でも、もっとも“高給取り”なことで知られています。世の中は不況、不況と言われていますが、ファンに夢を見せてくれるスター選手の年俸はやはりケタ違い!そこで今回は、NPBにおける歴代の年俸トップ10選手をランキング形式でご紹介!(※金額は報道などに基づいた推定額。選手の所属は最高年俸時点での球団)

【8位】年俸6億2000万円:柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス/2022~2023年)

現代のプロ野球界を代表するスター選手、柳田悠岐が6億2000万円で歴代8位にランクイン。2020年から年俸変動制の7年契約を結んでおり、年俸額は契約1年目から5億7000万円→6億1000万円→6億2000万円→6億2000万円と推移。

ちなみに、この年俸にはさらに出来高契約も組み込まれており、「実は年俸7~8億はもらっている……」なんて噂もある(⁉)。とはいえ、長期契約を結んで以降も4年連続で20本塁打以上、打率3割を二度(※今季は惜しくも打率.299)、タイトルも2020年、2023年に最多安打を獲得と、35歳という年齢を感じさせない超人ぶりを発揮。

ちなみにソフトバンクとの7年契約は今季終了時点で残りの3年分の契約内容を見直す形になっているそうで、今オフ、どんな契約を結び直すのかも要注目だ!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?