今オフにMLB移籍で総額300億円!?3年連続投手四冠は2年連続すら達成者がいない異次元の記録達成の日本のスーパーエースとは!?【プロ野球歴代年俸ランキング5位タイ】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 山本由伸は3年連続投手四冠を達成し、NPB年俸ランキング5位タイ。
  • 今季の年俸は6億5000万円。来季はMLB移籍で総額300億円と報じられている。
  • 山本の年俸は順調に増加。来季の数字は新境地を開く可能性がある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

1位はなんと●億円⁉プロ野球歴代年俸ランキングトップ10

プロ野球選手と言えば、日本のスポーツ選手の中でも、もっとも“高給取り”なことで知られています。世の中は不況、不況と言われていますが、ファンに夢を見せてくれるスター選手の年俸はやはりケタ違い!そこで今回は、NPBにおける歴代の年俸トップ10選手をランキング形式でご紹介!(※金額は報道などに基づいた推定額。選手の所属は最高年俸時点での球団)

【5位タイ】年俸6億5000万円:山本由伸(オリックス・バファローズ/2023年)

5位タイには3選手が同時ランクイン。まず一人目は“大魔神”こと佐々木主浩。2人目は今季、ソフトバンクでクローザーを務めたオスナ。3人目は日本が誇るスーパーエース、山本由伸。

2021年から3年連続で最多勝、最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率の「投手四冠」をマーク。ちなみにこの「3年連続投手四冠」、過去に2年連続すら達成者がいないという異次元の記録。ちなみに、山本のプロ入りからの年俸推移は500万円→800万円→4000万円→9000万円→1億5000万円→3億7000万円→6億5000万円と、もはや「倍々ゲーム」状態。

このままいけば来季は……という期待もあるが、今オフにはポスティングによるMLB移籍も濃厚だ。ちなみに、MLB移籍の場合は総額300億円といった現地報道もあり、どちらにせよ、来季の年俸が天文学的数字になるのは間違いなさそうだ。ちなみに、山本とオスナの6億5000万円は、今季のNPBでもトップの数字になる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?