広島東洋カープ、ヤクルト戦で快勝し32年ぶりの11連勝 黒田は日米通算200勝に王手

記事まとめ

  • 広島東洋カープが本拠地でのヤクルト戦に8-1で快勝し、32年ぶりの11連勝を飾った
  • 黒田博樹投手は7回3安打1失点と好投し、今季6勝目をあげ日米通算199勝目に
  • 首位の広島は、日本一に輝いた84年以来の11連勝で貯金16と勝ち星を積み上げている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております