【日米大学野球】日本代表が史上初のタイブレークで劇的サヨナラ勝利 18度目の優勝

記事まとめ

  • 第40回日米大学野球選手権第5戦が行われ、日本が5-4で勝利し18度目の優勝を飾った
  • 試合は同点のまま9回を終え、大会史上初のタイブレークへ突入
  • 10回裏、1死満塁から上武大学の島田海吏が犠牲フライを放ちサヨナラ勝ちを収めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております