元横綱でプロレスラーの曙 右足蜂窩織炎と症状公表も本当は糖尿病の悪化か

記事まとめ

  • 曙は全日本プロレスを退団後、「王道」を設立しプロレスのリングで活動を続けている
  • 右足蜂窩織炎の症状が公表されているが、関係者によれば「糖尿病の悪化」だという
  • 曙は大相撲時代から糖尿病を抱えながら、食事療法をせず普通の生活をしていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております