天才テリー伊藤対談「山本美優」(2)次の試合はどんな感じで戦おうか!?

天才テリー伊藤対談「山本美優」(2)次の試合はどんな感じで戦おうか!?

天才テリー伊藤対談「山本美優」(2)次の試合はどんな感じで戦おうか!?

テリー そりゃ、すごいタイミングだ。何というか、運命的な感じがするよね。

山本 そうなんですよ。レスリングの練習に行っても、目標がないから前みたいに燃えるものがないし、「来年の世界選手権を目指そうかな?」とか、いろいろ考えている時でしたので「あ、これだ!」と。

テリー 「RIZIN」にはこれまで昨年9月、12月と参戦していて、今のところ勝ちがないですね。その辺りはどう考えていますか?

山本 それはもう、単純に悔しいです。でも、9月のデビュー戦は総合格闘技に転向して2カ月弱ぐらいで、あれよあれよという間にリングに上がったという感じで、2戦目もあまり間が空いていなかったんですよ。今回は、時間に余裕もあるので、もう少し進化した姿をお見せできるかなって思っています。

テリー 次の対戦相手はアメリカのキャシー・ロブ選手。さあ、どう戦おう?

山本 この前の記者会見で、向こうから送られてきたビデオレターを観たんですけど、立ち技が得意な選手なので、こちらと殴り合いをしたいらしいんですよ。

テリー でも、美憂さんはレスリングが長いから、正直なところ殴り合いは得意じゃないでしょう?

山本 KIDからは「殴り合うんじゃなくて、こちらが殴る一方にして」って言われてますね(笑)。だから相手が手を出せないよう、自分から積極的に前に出ていきたいと思ってます。

テリー 総合のグローブって、ボクシングのものよりかなり薄いよね。これは痛いでしょう。

山本 薄いです。殴られたらガチーンときます。でも試合中はアドレナリンも出ていますから、そんなに痛みも感じないんですが。

テリー そうは言っても、試合の前日って怖くならない? 「美人だから顔をぶたれたらイヤだ!」とか、そんなドキドキはあるでしょう。

山本 いえ、全然(笑)。今から楽しみです。

テリー 「RIZIN」は何ラウンドだっけ。

山本 1ラウンド5分の3ラウンド制です。

テリー うわ、キツいな。俺だったら死んじゃうよ。

山本 でも、総合はレスリングみたいにずっと攻め続けなきゃいけないわけじゃなくて、ある程度パッと離れて落ち着く時間があるんですね。レスリングは逆に、とにかく攻めていないと警告をもらうので、そのほうがキツいですね。

テリー あ、そういうものなんだね。

山本 でも、その5分を攻めきってもブッ倒れない体力を、試合までにつけるので大丈夫です。あと、これまでの準備期間で、しっかり勉強もしていますから。

テリー 立ち技が得意っていうことは、寝技に持っていけば勝てるんじゃない? だったら美憂さんの独壇場でしょう。

山本 実は前回、それで失敗しているんですよ。立ち技が得意と聞いていた相手を寝技に持ち込んだら、逆に腕を決められちゃって。だから、そういう情報はもう鵜呑みにはしません。

テリー 頼もしいねェ。じゃあ、何で勝負を決めちゃおうか?

山本 今回は、パンチで倒せたらいいですね。

テリー 顔じゃ倒れないよね、ボディだ。

山本 ええ、ボディも効かせて、最後にアゴへ一発決められるといいですね。

関連記事(外部サイト)