リオ五輪金メダル・田知本遥と登坂絵莉、故郷富山でパレード 2人の父親には「深い縁」も…

リオ五輪金メダル・田知本遥と登坂絵莉、故郷富山でパレード 2人の父親には「深い縁」も…

あいにくの雨天にもかかわらず、笑顔でパレードする田知本遥(左)、登坂絵莉

 リオ五輪の金メダリスト、柔道女子70キロ級・田知本遥(ALSOK)とレスリング女子48キロ級・登坂絵莉(東新住建)は9月12日、出身地の富山県で凱旋パレードを行った。2人が乗り込んだオープンカーは富山市中心部の県庁周辺、約1.5キロを約40分かけてパレード、あいにくの雨にもかかわらず約2万2000人が沿道に並び、祝福した。

 12日はパレードの前後に富山県民栄誉賞の贈呈式、祝賀会と快挙をたたえる催しが続き、2人はずっと行動をともにした。競技は違うものの、格闘技に打ち込む女子選手同士、すっかり打ち解けた様子。26歳で五輪出場は2度目となる田知本が23歳の登坂をリードしたり、“後輩”が“先輩”を立てたりと終始、息はぴったり。何度もそろって記念写真に納まった。

 それもそのはず。2人の間には金メダルがつなぐ絆がすでにある。登坂は田知本の優勝を移動中の機内で知り、選手村に入った後で金メダルを見せてもらった。「私も、これと同じ金メダルが欲しい。絶対に取る!」と自身に言い聞かせて競技に臨んだ。田知本は帰国後、レスリング競技をテレビ観戦し、登坂が金メダルを獲得すると、真っ先に祝福メッセージを送っている。

 リオ五輪で柔道が行われた会場は競技終了後、畳に代えてマットが敷かれてレスリング会場になったため、優勝が決まった瞬間に仰ぎ見た天井の光景も2人にとっては同じ。祝賀会で五輪の映像が流れると、「試合しやすい会場だったよね」(田知本)、「そうですね。私は、まったく緊張しなかったです」(登坂)などと共通の思い出を振り返った。

 ただ、今後については、2人のコメントに温度差があった。登坂が「2020年の東京五輪で2連覇したい」とまっすぐに4年後を見据えたのに対し、田知本は「私の場合は、単純に“東京五輪でも”とは言えないが」と前置きしたうえで、「金メダリストとして自身の人生をじっくり考えたい」と述べた。

 ちなみに、田知本の父、又広(やすひろ)さんと登坂の父・修さんは高岡第一高校のOBで同じ年齢だ。科が違ったため、同じクラスになることはなかったが、高校時代は仲の良い友人だったという。中学時代は2人とも柔道をやっていたため、団体戦で対戦したこともある。

 修さんによると、「彼は重量級、私は軽い階級だったので個人戦での対戦はありません。でも大将として対戦したことがあった。あっという間に投げられてしまいましたよ」とのこと。祝賀会会場で、父2人の席は隣同士。金メダリストとなった娘の縁で再会し、思い出話を交えて杯を重ねた。さぞ、うまい酒だったことだろう。

(ライター・若林 朋子)

関連記事(外部サイト)