格闘家逮捕の傷害致死事件 業界の復活ムードに水差す懸念も

格闘家逮捕の傷害致死事件 業界の復活ムードに水差す懸念も

得意技は膝蹴りだった。参戦していたIGF公式HPより。

 自民党が大敗した東京都議会選挙のニュースで報道が埋め尽くされているすき間に、残念な知らせが届いた。6月30日未明に、プロの総合格闘家としても活動するスポーツトレーナーから、顔を蹴られるなどして意識不明だった男性が、7月1日に亡くなったというものだった。この知らせに、総合格闘技関係者の誰もが暗い気持ちを隠さない。

「世間的に彼の名前は知られていないでしょう。でも、肩書きだけは印象に残る。現役の総合格闘家が人を蹴り、死なせてしまった。格闘技ブームが去って以来、沈みきっていた総合格闘技がようやく少し盛り返してきたところだったのに、残念です」(格闘技ライター)

 男性の顔などを蹴るなどして傷害致死容疑で逮捕されたのは、約10年前から総合格闘家として活動している山本勇気容疑者(29)。きっかけは、交際相手の女性が勤務先の飲食店から、かなり酔っ払って帰宅したことだった。あらかじめあまり酒を飲ませないでほしいと店側に頼んでいた約束が守られなかったと腹を立て、店のスタッフ男性に対し自宅マンション前で顔を蹴り壁や床に打ちつけるなどした。意識不明になったのを見てみずから119番した山本容疑者は「カッとなってやった」と話しているという。

 この逮捕を受けて、7月23日に出場予定だった総合格闘技のプロ修斗後楽園大会で予定されていた試合中止と、山本のプロ修斗ライセンス停止が発表された。

 容疑者の名前を聞いてもピンとこないかもしれないが、2014年の大晦日『INOKI BOM-BA-YE2014』で青木真也(34)に敗れた選手といわれると、思い浮かぶかもしれない。柔道で日本代表候補になったこともある青木に対し、立ち技が得意な山本がチャレンジする試合だったが、試合開始から終始、青木が圧倒的な力の差を見せつけ有効打を打たせなかった。そして、1分21秒に首を絞められた山本がタップして試合が終わった。

 その直後、青木が横たわる山本に中指を立てて悪態をついたことをきっかけに、激高した山本が青木につかみかかろうとしてしばらくもみ合う場面が続いた。この様子は2015年1月3日深夜にフジテレビで放送されたので、正月休みにそれを観た記憶がある人もいるだろう。

「青木の態度は、決して褒められたものではないですよ。だからといって、試合でいいところが全然なかったのに、試合後にごねることだけ一人前にしようとする山本も褒められたものではない。やっぱり『THE OUTSIDER』に出てた選手らしいなと思いました。コンセプト通り不良が出やすい大会だったこともあるだろうけど、彼が出場した頃は、試合よりもその後の乱闘ばかりが話題になっているような状態だった」(スポーツ新聞格闘技担当)

 普段の山本容疑者は礼儀正しい好青年という印象だったと話す関係者もいるが、怒りにまかせて暴走してしまう性癖は、格闘技を身につけ、人に教える立場になっても修正されなかったようだ。総合格闘家といえば、酔っ払いに絡まれ殴られてもそのままに耐えた桜井速人のような選手もいるが、山本容疑者が起こした事件ように、暴力に訴えてすごむイメージが根強い。なぜ、そのような悪印象がついてまわるのか。

「選手から恐喝や強要などの逮捕者が続いたことがあった影響もありますが、独特の社会性のなさが見抜かれているからでしょう。総合格闘技とは、格闘技の素朴な良さを蘇らそうとして生まれたものです。そのため技術の体系化を拒み、更新がとても早い。そして、試合に勝つか、金儲けさえすればいいという価値観が蔓延してしまった。人前でどんなにきれい事を並べても、そういう根本の考え方が伝わって悪印象に繋がっているんだと思います。地に足がついた選手や指導者もいますが、残念ながら少数派です」(前出の格闘技ライター)

 いま関係者がもっとも恐れているのは、今回の反社会的な行為の結果、総合格闘技が再び日陰の存在に追いやられることだ。

「格闘技イベント『RIZIN』の地上波テレビ中継が継続されるかどうか、微妙な時期だというのに、なんてことをしてくれたんだというのが本音です。山本はRIZINに係わる選手ではありませんが、社長が交代して人事異動が行われたばかりのフジテレビにとっては、同じ総合格闘技だととらえられかねない。いきなり中継打ち切りはないだろうけれど、地上波からBSへ移動、なんてことにならないといいと思いながら事態を見守っています」(前出のスポーツ紙格闘技担当)

 今回の事件について、どのように責任をとり、防止策を整えるのか。当事者だけでなく、総合格闘技全体のが、社会の中で受け入れられるための姿勢を問われている。

関連記事(外部サイト)