DDTマットでZERO1田中将斗と格闘家の青木真也がタイトルマッチで異次元対決!

DDTマットでZERO1田中将斗と格闘家の青木真也がタイトルマッチで異次元対決!

田中将斗にコブラツイストを決める青木真也

 DDTプロレスは23日、無観客試合によるTVマッチ『DDT TV SHOW!#4』を、動画配信サービス『WRESTLE UNIVERSE』(DDT UNIVERSE改め)で世界配信した。

 メインイベントで、KO-D無差別級王者の田中将斗(ZERO1)が、HARASHIMAと団体枠を越えてタッグを結成し、「ダムネーション」の遠藤哲哉、高尾蒼馬組と対戦。同王座への“挑戦剣”を持つ遠藤は、田中と壮絶なエルボー合戦を繰り広げるなど、激しい火花を散らした。試合は、高尾に照準を絞った田中が、スーパーフライからスライディングDを叩き込んでフォール勝ち。
 ここで、遠藤が剣を持ってアピールしようとすると、突如、青木真也が登場し、保持していた「いつでもどこでも挑戦権」の行使を表明。遠藤の持つ“挑戦剣”への行使も考えられたが、青木は「ベルトをいただきに参りました」として、田中への挑戦意向を明らかにして、急きょKO-D無差別級王座戦が決行されることに。

 試合終えたばかりの田中は、奇襲を仕掛けたが、あっという間に青木のペースにはまり、アームロック、キーロックなどを決められた。田中は場外戦でイス攻撃を見舞ったが、青木は卍固めからグラウンドに移行しての変型卍固めで絞め上げた。さらに、関節技で攻め立てた青木はコブラツイスト、続けて腕ひしぎ逆十字固めを狙う。一瞬の隙をついた田中は、助走なしのスライディングDを青木に叩き込んで電撃の3カウントを奪取。関節技を得意とする青木相手に苦戦はしたものの、異種格闘技戦的な試合を連戦のハンディをはねのけてV4を達成。

 田中は「こんなの許されるのはDDTだけ。青木選手とやれてよかった。寝かされて、ホンモノとニセモノの闘いになったけど、彼がプロレスの技を使った以上、負けられなかった」とマイク。現状、MAOが最後の「いつでもどこでも挑戦権」を有しているため、次期防衛戦はまだ流動的だが、遠藤は「MAOとか関係ない。オマエのクビを取って、オレの腰にベルトを巻く。2度目の正直だよ」とアピール。田中は「オマエの2度目の正直?負けるわけない。この前、言った通り、次のさいたまスーパーアリーナに行くまで、オレはこのベルト巻き続ける」と返して、バックステージでは「青木選手の技はホンモノ。あの人が『いつでもどこでも挑戦権』を、このタイミングで使ってくれて、防衛できてホッとしてる。ホンモノとニセモノの差を感じた。彼がプロレスの技、コブラツイストを使ってきて、そこはプロレスラーとして負けられない。ああいうタイプと、47歳になって経験できる。プロレスラー冥利に尽きる。何年か後で、プロレス人生につながる。当たりたくても当たれない人がいっぱいいる。終わってベルトがある。プロレスラーとして、一段階上に行った」と試合を振り返った。続けて、田中は「MAOか、遠藤か。田中将斗のプライドとして、誰にも負けない。次いつかわからへんけど、さいたまスーパーアリーナに上がる切符。ベルト持っとったら上がれる。それまで負けられへん」と改めて長期政権を期していた。

 遠藤は「田中とは、『D王』決勝以来。進化し続けてるな。3度目の正直というのは、しょせんザコが言うこと。オレは2度目の正直で、次挑戦して、あのベルトを獲り返す」とDDTへのベルト奪還を誓った。また、王座奪取ならなかった青木は「どんな選手が来ようと、自分のスタイルを発揮してくる。穴なんかない。オレがこじ開けるしかない。経験、実力が上だった。強かった。力負け。ひっくり返されて紙一重だったかもしれないけど。歴史とかやってきたこととか関係なく、強かった。なかなかうまくいかない」とコメント。総合格闘技イベントONEチャンピオンシップとプロレス活動を並行している貴重な選手で、この日も昼間にDDT EXTREME王座を防御したばかり。まだまだDDTマットでも話題を作ってくれそうだ。

(どら増田)

関連記事(外部サイト)