9.22 K-1秋の大阪決戦、スーパー・ライト級王座狙う不可思参戦!

9.22 K-1秋の大阪決戦、スーパー・ライト級王座狙う不可思参戦!

不可思

 立ち技格闘技団体K-1は、9.22大阪・エディオンアリーナ大阪大会の全対戦カードを発表した。

『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』
2020年9月22日
大阪・エディオンアリーナ大阪
<全対戦カード>
安保瑠輝也 対 山崎秀晃
林健太 対 ゴンナパー
江川優生 対 椿原龍矢
卜部功也 対 篠原悠人
和島大海 対 ラーシーシン
MIO 対 高梨knuckle美穂
不可思 対 平山迅
加藤久輝 対 杉本仁
朝久泰央 対 弘輝
瓦田脩二 対 SEIYA
近藤拳成 対 泰斗
TETSU 対 西元也史

 スーパー・ライト級戦線を盛り上げている不可思は、平山迅と対戦。中村拓己K-1プロデューサーが「お互い真っ向勝負するファイトスタイル。激しい試合になることは間違いない」と太鼓判を押す好カードだ。

 平山にとって、不可思は昨年のK-1参戦以来、対戦を秘かに希望してきた意中の相手。「不可思選手はK-1初参戦の時に、他団体から『K-1に喧嘩売りにきました』と言っていて、俺はKrush・K-1一本でずっとやってきた。その俺がしっかり不可思選手の喧嘩を受けたい」と不可思と戦いたかった理由を語ると、「2連敗してて結果が出てない自分なんですけど、このタイミングでこのオファーが来るということは絶対に何か意味がある。しっかり熱い試合をしたい」と熱烈なラブコール。

 これを聞いた不可思は「そんなに燃えてくれてうれしいですね。熱い試合ができると思います」とこちらも望むところのようだ。コロナ禍による自粛期間中に練習環境も向上。「試合でしたい動きを練習できるトレーナーが、この期間で新しく見つかった。トータルで完成度が上がっている」とレベルアップに自信を見せている。『K’FESTA.3』ではK-1スーパー・ライト級王座奪取はならなかったものの、「今度の試合でまたベルトに向かっていけるように、しっかりぶっ倒して勝ちたい」と再びタイトルを視野に入れた闘いになるだろう。

 また、不可思は「3月に試合をして、ずっと早く試合がしたかったんで、今度の大阪大会に呼んでもらえて、凄く感謝しています。また、ベルトに向かってしっかりやっていきたいですし、個人的には今度の試合でまたベルトに向かっていけるように、しっかりぶっ倒して勝ちたいです。後は、この状況の中で試合を見てくれた人が、K-1、格闘技最高だなって思ってもらえるような試合を見せたいと思います」と語り、タイトルへ再びたどり着くため、落とせない試合であることを明らかにしている。
その他もバラエティに富んだカードが揃っており、K-1秋の大阪決戦に注目だ。

(どら増田 / 写真©?K-1)

関連記事(外部サイト)