オリックス安達、武田らが、3.10再起戦のK-1皇治にエール!合同自主トレで刺激!

オリックス安達、武田らが、3.10再起戦のK-1皇治にエール!合同自主トレで刺激!

安達了一、皇治

 立ち技格闘技団体K-1平成最後のビッグマッチ『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN K'FESTA.2〜』3.10さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会のセミファイナルで、ドイツのヤン・サイコを相手に再起戦を行うK-1ファイターの皇治。プロ野球オリックスの選手と交流があり、大のオリックスファンであることが知られているが、今年の1月6日に皇治が「一緒にやらせてもらいたい」と申し入れる形で、淡路島で自主トレを行っていた安達了一、武田健吾のオリックス勢と合流。1日だけだったが、合同自主トレを行ったという。

 合同自主トレの感想について、安達は「体幹をやったんですけど、腹筋はついていけなかった。自分たちより全然強い。スタミナもある。格闘技のアスリートがどんな練習をするのか興味があったので、良かったですね」と話すと、武田も「他にもフットサルをやられてる方とか、(お笑い芸人の)たむけんさんもいらしたんですけど(笑)。皇治さんは僕もK-1とかPRIDEから格闘技大好きで、バダハリのファンだったので(笑)。一緒に練習出来て嬉しかったですね。ホント腹筋はキツかった。あんなにスゴイとは…。元気をもらいました」と皇治との自主トレを笑顔で振り返っていた。皇治は「了さん普段はお茶目で面白い先輩ですけど 、トレーニング中も凄く頭を使われていて、野球に関してストイックでイケてるなと更に思いました。武ポンは爽やかで男前。モテるやろなーと(笑)。野球素人の俺から見てもセンスがあるんやなーと思いました。野球のトレーニングは新鮮でマジ楽しかったです!」とかなり収穫があったようだ。

 皇治は昨年12.8に、地元・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)に8000人(超満員札止め)のファンを集め、メインイベントでK-1のエース武尊と対戦したが、判定に持ち込む健闘も敗戦。再起戦に注目が集まっていた。「ファンと約束したK-1を大阪に持ち帰る事が出来て、日本一多い数の皇治軍団(ファン)に応援してもらえホンマに感謝の想いでいっぱいですね。大阪大会の収穫は大阪にK-1を持って帰れて、今地方で頑張ってる若い子らにK-1への道を作れたこと。課題はファンと約束した武尊から全てを奪えばよかった。それだけは悔しいですね」。そう語る皇治だが、再起戦となる3.10たまアリ大会は大阪大会での活躍が認められる形で、セミファイナルに抜擢された。

 「(対戦相手のサイコについて)全く相手にしてないですが、一丁前ぬかしとるんでぶっ飛ばしたろかなと思ってます。なによりファンにそろそろKOを見せないとね。今回は対策とか考えず、ただただぶん殴りますよ(笑)。(今回は日本vs世界がテーマだが)ここは日本で俺らが必死に盛り上げてきた舞台のK-1。他で世界を獲ろうがなんやろうが関係ない。あんま調子こいてると怪我すんでって事をわからせますよ」

 と今回も皇治節が止まらない。「格闘技が盛り上がればいい」という皇治の信念は全くブレていない。春季キャンプで武田からコメントをもらっている時のこと、オリックスの主砲で、皇治とはゴルフ仲間でもあるT-岡田が「何話してるの?」と聞いてきたので、コメントを求めると「皇治?オモロイやつだから大丈夫でしょう」と期待を寄せていた。武田は「あれだけ凄い腹筋があるので、ボディを決めてください!」とKOをリクエスト。安達は「皇治らしく頑張って欲しい」とエールを送っている。これに対して皇治は「3.10はKOで終わらせて、今年もオリックスの始球式にほり投げにいきまーす!」と笑顔で応えた。

 K-1は8.24エディオンアリーナ大阪大会の開催を発表。もちろん前回大会を成功に導いた皇治に対するK-1の期待は大きい。

 「こうしてK-1大阪が継続されて開催される事は光栄。次は京セラドームで武尊とやりますよ。せやからね、俺が出な始まらんから次もメインで盛り上げます。さいたま大会はファンが望むカードを実現させるためにも、もっと盛り上げなあかん。しっかりさいたま大会も大阪大会に負けんよう盛り上げます」

 と大阪大会のメインイベントに再び出場し、再び大会を成功させる意味でも、さいたま大会を盛り上げると誓った。

 「男は言った事貫いて、初めてカッコつくんで、カッコつけるためにまだ張り切ります。みんなと約束した武尊から全てを奪いにいく戦争はまだ終わってない!」

 今回はチーム日本として、武尊とともに世界を相手に闘うが、あくまでも皇治の狙いは武尊の首一つ。大阪でリベンジを果たしたい気持ちが強い。そのためには3.10はもちろん、8月まで負けは許されない状況。まずは3.10にしっかり勝って、オリックス戦の始球式で京セラドーム大阪のマウンドに上がり、安達や武田、そしてT-岡田と笑顔で再会しなければならない。

取材・文・写真 / どら増田、垪和さえ

関連記事(外部サイト)