アジア最大の格闘技団体ONE、3.31両国で昨年ベストバウト、ンサンと長谷川賢が再戦!

アジア最大の格闘技団体ONE、3.31両国で昨年ベストバウト、ンサンと長谷川賢が再戦!

アウンラ・ンサン

 アジア最大のワールドスポーツメディア・ONEチャンピオンシップ(ONE)が31日、東京・両国国技館大会『ONE:A NEW ERA-新時代-』を開催し日本初進出を果たす。ONEライト級世界王者のエドゥアルド・フォラヤンと、元同世界王者で日本格闘技界のレジェンド、“跳関十段”青木真也の因縁対決がメインイベントとして発表されている。加えて、世界の格闘技界が今最も注目するONEで、昨年の年間ベストバウトに当たるバウトオブ・ザ・イヤーに輝いた、ミドル級王者、アウンラ・ンサン対長谷川賢の再戦がラインナップされた。今回の試合も、ミドル級のタイトルマッチとして行われ、昨年同様の熱い試合が期待されている。

 「長谷川は、ニューヨークでトレーニングを積んでいると聞いています。おそらく、高い集中力を持って取り組んでいるでしょう」と、ンサン。再戦について「私は、長谷川を尊敬しています。一度戦っているので、お互いに長所も短所も分かっていますし、次の試合もエキサイティングなものになるのは間違いありません」と語っている。

 長谷川は元DEEPメガトン級王者として活躍。デビューから3年間負けなしという結果も残した強豪選手だ。現在までの戦績は16勝3敗1分。DEEPを主戦場に、RIZINにも参戦していたが昨年5月、ONEと契約。同年6月に「ONE:SPIRIT OF A WARRIOR」の初戦でンサンと対戦し、5Rにンサンの右ストレートを食らいKO負けを喫したが、壮絶な打ち合いにファンは熱狂。これがベストバウトに選ばれた。

 「チャンスを逃した部分もありましたし、もっと違う動きをすればよかったと反省している部分はあります。しかし、それらは既に修正できたので、次の試合はより良いものを見せられると思います」と、ンサンはこの試合を振り返っている。

 長谷川は現在、ニューヨークでトレーニング漬けの日々を送っているが、ンサンは「長谷川はさらに進化していると思います。それは、素晴らしいことです」とたたえると「ファンに素晴らしい試合を見せることができると思うからです」と続けた。

 日本開催については、「もちろん、ミャンマーで試合をするのは大好きです。しかし、その分プレッシャーもあります。だけど、次の試合は日本でやりますから、集中できると思っています。また、日本は武道発祥の地。ずっと、日本で試合がしたいと思っていたので、非常に光栄に感じています」と楽しみにしている様子。

 「ヘビー級挑戦の準備はできています。現王者のブランドン・ヴェラは素晴らしい選手なので、挑戦したいとも思っています」

 このようにンサンは防衛に成功すれば、階級を上げてONEヘビー級世界王座を狙っていることを明らかにしている、そのためにも長谷川戦は乗り越えなければならない。「トレーニングは万全で非常に集中できています。自分の力を早く試したい。そんなふうに思っています」と意気込んだンサン。しかし長谷川にとってもホームの日本凱旋とあって負けられない。もし連敗するようなことがあれば、今後の格闘技人生にも大きな影響を与えるだろう。

 ONEのベストバウトが日本のゲージで楽しめる喜びを噛みしめたい。

文 / どら増田
写真 / ©︎ONE Championship

関連記事(外部サイト)