アントニオ猪木の愛弟子が、IGF騒動を激白!

アントニオ猪木氏、自身が立ち上げたIGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)と対立

記事まとめ

  • “燃える闘魂”アントニオ猪木参院議員が自身が2007年に立ち上げたIGFと対立している
  • IGF唯一の所属レスラー鈴川真一が電撃退団、その足で猪木氏の元を訪れ土下座し詫びた
  • 鈴川は「ジェロム・レ・バンナ戦はゴング5分前までルールも決まってなかった」と話す

アントニオ猪木の愛弟子が、IGF騒動を激白!

アントニオ猪木の愛弟子が、IGF騒動を激白!

闘魂の継承者・鈴川真一選手(33)

 “燃える闘魂”アントニオ猪木参院議員(74)が、騒動の渦中にある。自身が2007年に立ち上げた団体『IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)』と猪木氏が対立しているのだ。

「13年の参院選で政界に復帰した猪木さんはIGFの経営から手を引いたものの、31.5%の株式を保有する筆頭株主。その猪木さんが5月25日に格闘技イベント『ISM』の開催を発表し“IGFは整理する”と発言したことで、確執が表面化しました」と、専門誌ベテラン記者が解説する。

「両者の対立は、実は今年1月の株主総会から。2月にはIGFの経営方針や資金に不透明な点があるとして、猪木さんサイドが会計帳簿等閲覧・謄写請求を行なっています。また、6月には現経営陣の解任を求める仮処分を東京地裁に申請しています」(前同)

 そんな折、IGF唯一の所属レスラーでエースの鈴川真一(33)が、6月29日にIGFを電撃退団。その足で猪木氏の元を訪れ、土下座して詫びたニュースは大きな話題となった。

「IGF、NEW(IGFが新設した新ブランド)には猪木イズムも闘魂もありません。経営陣と一緒に猪木会長に弓をひくことは死んでもできません。今まで会長の闘魂を背中に背負って戦ってきましたが、闘魂を忘れている事務所を辞めてきました」と報告して土下座。これに対して猪木氏は、「鈴川には俺が詫びなきゃいけない。IGFは方向性が変わってしまった」と応じ、がっちり握手を交わしたのだった。渦中の鈴川が語る。

「会長がいた頃のIGFは会長の“いつなんどき、誰の挑戦でも受ける”という言葉通り本物の戦いの場でした。僕がジェロム・レ・バンナ(44)とやった試合(11年4月28日)なんて、ゴング5分前までルールさえ決まってませんでしたから。そういう、ヒリヒリしたところがあった。それが、ここ1年ですっかり変わりました」

 鈴川が独占インタビューで明かす、退団の経緯と猪木への熱い思いは、来週月曜日7月31日発売『週刊大衆』(双葉社)に掲載されている。

関連記事(外部サイト)