アントニオ猪木議員が、自身が立ち上げたIGFと対立 猪木氏の愛弟子が騒動を語る

記事まとめ

  • アントニオ猪木議員は、自身が立ち上げたIGFの経営から手を引いたが筆頭株主である
  • 猪木議員が「IGFは整理する」と発言したことで、猪木氏とIGFの確執が表面化したという
  • 猪木氏の愛弟子は、尿検査の強制やファイトマネー値切りなど、IGFの内情を暴露した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております