二軍でラグビー日本戦へ オールブラックスはそれでも超難敵

二軍でラグビー日本戦へ オールブラックスはそれでも超難敵

ニュージーランドにどこまで食い下がれるか(C)共同通信社

18日、日本ラグビー協会は、日本とのテストマッチ(11月3日・東京)のため来日するニュージーランド代表(オールブラックス)のメンバー51人を発表。主力メンバー32人の他、新たに19人を加えた大所帯で来日する。

 オールブラックスは宿敵豪州と戦うブレディスローカップ(国際対抗戦=27日・横浜)にベストの布陣で臨む上に、11月には欧州遠征が控えていることもあり、翌週の日本戦は追加招集の19人主体のメンバー構成になる。その19人には、今季のスーパーラグビーで15トライを挙げ、クルセーダーズの連覇に貢献したWTB、FBのジョージ・ブリッジ(23)ら将来を嘱望される逸材も含まれているものの、初代表の若手が10人を占めている。

 日本は、二軍との対戦とはいえ、オールブラックス相手に金星を挙げたり、負けても善戦すれば、南アフリカを破った2015年W杯に次ぐサプライズとなる。自国開催の19年W杯の注目度は高まりそうだが、そこは腐っても3度のW杯制覇を誇る最強国だ。日本の思惑通りにはいきそうにない。

 ラグビーが国技であるニュージーランドではオールブラックスのメンバーに選出されるのは最高の栄誉とされる。ラグビー界はもちろん、一般社会からも尊敬を集め、引退後のセカンドキャリアでも何かと有利になるとされる。今回、追加招集された若手は来年のW杯メンバー入りを目指して、日本戦では目の色を変えてプレーするのは想像に難くない。

 日本協会、W杯組織委は、オールブラックスと対等に渡り合えば、W杯に弾みが付くと、ソロバンをはじいているそうだが、ニュージーランドの若手に粉砕されそうだ。

関連記事(外部サイト)