「ホンダは豪州で強固なビジネスのネットワークを得る」

「ホンダは豪州で強固なビジネスのネットワークを得る」

豪州時代の小野(左)とデルピエロ(スティッカ氏提供)

ロシアW杯に出場した元日本代表MF本田圭佑が、豪州Aリーグのメルボルン・ビクトリーFCでデビューして以来、マスカット監督は「アウトスタンディング(傑出している)」という言葉を使い、その存在価値を絶賛し続けている。開幕3戦の全4得点に絡む活躍には、本田を「マーキープレーヤー(年俸制限のない大物外国人)」に選定し、推定2億円の高額年俸を共同出資した豪州サッカー協会とクラブ関係者も胸をなで下ろしているはずだ。サッカージャーナリストの元川悦子氏が、現地取材を通して本田の「現在地」を探った。

  ◇  ◇  ◇

 Aリーグでは、集客増のためにマーキープレーヤーを1人獲得できる。

 これまでFWカズ(三浦知良=横浜FC)、MF小野伸二(札幌)、元スペイン代表FWビジャ(ニューヨーク)らがいるが、史上最高年俸は推定3億円の元イタリア代表FWデルピエロだった。本田は彼よりも金額は低いとはいえ、所属クラブに加えて豪州協会も負担した初のケースだ。

「2013年6月の14年ブラジルW杯出場決定試合(埼玉)でのPK弾に象徴される通り、日本代表時代のホンダが豪州代表を相手に残してきた数々のインパクトは、あまりにも絶大です。それを協会側も高く評価したのでしょう」と元豪州代表DFで現在、同国プロサッカー選手選手協会のスタッフを務めるサイモン・コロシモ氏は言う。

 豪州におけるサッカーはラグビー、オージーフットボール、クリケットよりも人気面で劣る。

 本田のアシストでメルボルンVが今季初勝利を挙げた3日のニューカッスル・ジェッツ戦も観客は1万1000人台とやや寂しかった。

「秋(開幕)冬(閉幕)制のラグビーなどと差別化を図るために春夏制を導入しているが、集客は厳しい。より注目度を高め、観客数やスポンサー、テレビ放映権料といった運営基盤を拡大していくことが、Aリーグの大きな課題といえます。(創設して)25年間で10から54クラブに増えたJリーグは成功モデルです。ホンダ獲得がその起爆剤になればいい」

 コロシモ氏は豪州協会の思惑をこう代弁する。

 メルボルンV側も本田の経済効果に期待する。

 デルピエロ獲得に携わった現地在住の大物代理人であるルー・スティッカ氏の話が興味深い。

「デルピエロがシドニーFCでプレーした12〜14年シーズンは、平均観客数が1万2000人から2万6000人に急増し、社会全体の認知度も高まりました。ホンダにも、それに匹敵する価値があるでしょう。加えて言うとメルボルンVには野菜と果物の売買、中国製ライトの輸入販売、住宅建設の分野で大成功を収めているビジネスマン3人が、クラブ幹部に名を連ねている。彼らにとってホンダは、ビジネス拡大の切り札になり得る存在なのです。ホンダ側も、豪州で強固なビジネスのネットワークを得ることになる。ウィンウィンの関係です」

 今季終了時点で本田のもたらす経済効果が、どうなっているのか? 大いに気になるところだ。 (つづく)


関連記事(外部サイト)