リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

競歩の距離短縮案や柔道の試合時間短縮など短縮化進む ゴルフはその対極にあるとも

記事まとめ

  • 国際陸連が五輪や世界選手権などで行われる競歩2種目について距離短縮案を発表した
  • IOCも試合時間の短縮を奨励しているが、ゴルフはその対極にあるという
  • リオ五輪ではD・ジョンソン、R・マキロイ、J・スピース、松山英樹らが欠場した

リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

リオ五輪で金のJ・ローズ(左は銀のH・ステンソン)(C)ゲッティ=共同

「時短」で済めばいい。国際陸連(IAAF)は6日、五輪や世界選手権などで行われる競歩の50キロと20キロの2種目について、30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表。承認されることはほぼ間違いなく、2021年1月から実施される。

 あらゆる競技で試合時間の短縮が進んでいる。主な理由はテレビ局の事情によるものだが、ダラダラと見せ場もなく続く長時間のライブ中継は視聴者に飽きられやすい。短時間で決着がつく方が視聴率が期待でき、国際オリンピック委員会(IOC)も、試合時間の短縮を奨励している。短時間で勝負がつく柔道でさえも、東京五輪へ向けてルールが変わり、男子の試合時間が5分から4分となった。

 陸上の競歩に話を戻せば、リオ五輪男子50キロの優勝タイムは3時間40分58秒。29位からは4時間を超えた。30キロに短縮されれば2時間〜2時間30分程度になる。

■トップ選手も出場に消極的

「商業化が進む五輪は、放映権が高騰を続けている。世界の人々に視聴してもらうため、競技(ルール)はわかりやすく、試合時間は短くという傾向が続いている。男女各60人が4日間72ホールのストロークプレーで順位を争うゴルフはその対極にある。しかも、選手は18ホールに分かれてプレーするので試合の流れがわかりにくいし、現地での観戦もしづらいですから」

 と、スポーツライターの津田俊樹氏がこう続ける。

「リオ五輪の時は現地でジカ熱がはやり、多くの選手が感染を懸念。男子はJ・デイやD・ジョンソン、R・マキロイ、J・スピース、松山英樹といった世界の強豪が相次いで欠場した。確かにジカ熱を心配した選手もいたでしょうが、メジャータイトルほど五輪のメダルに魅力を感じていなかった選手もいたようです。競技自体の特性がテレビ中継に向かないうえ、トッププレーヤーたちが五輪に積極的とは言えない。五輪に復活したばかりですが、競技方法でも変更しない限り、ゴルフは近い将来、オリンピックから消えていくのではないか」

 ゴルフは24年パリ大会までは継続して行われる。それが最後か……。

関連記事(外部サイト)