2018年も単身赴任か 松山英樹“日米頻繁往復”のデメリット

松山英樹、2018年も単身赴任か 日米の長距離移動で腰への負担大も

記事まとめ

  • 松山英樹は結婚と第1子の誕生を発表したが、家族で米国生活を送るのは難しいよう
  • 松山は2018年も、妻子を日本に残して単身のツアー生活となるという
  • 「今季は帰国を増やすために出場試合をもっと絞るのではないか」とあるツアー関係者

2018年も単身赴任か 松山英樹“日米頻繁往復”のデメリット

2018年も単身赴任か 松山英樹“日米頻繁往復”のデメリット

パパになったばかり(C)日刊ゲンダイ

 松山英樹(25)は2017年の全米プロ直後、結婚と第1子の誕生を発表。7月に生まれた子どもは今後も、定期健診や予防接種を受けなければならない。家族3人水入らずで、拠点となるフロリダで米国生活を送るのは難しい。

 よって松山は18年も、妻子を日本に残して単身のツアー生活となるわけだが、初めての子どもは目に入れても痛くないほど可愛いもの。テレビ電話で顔を見たり、声を聞くことはできても、その手で抱き上げることはできない。

 昔から「子どもは3歳までに一生分の親孝行をする」といわれている。可愛い時期はあっという間。子ども会いたさに、試合の合間などに頻繁に帰国することになるだろう。

 あるツアー関係者が言う。

「米ツアーだけで20試合に出た昨季(17年)の日程を見ても分かるように、松山は試合に出ないオープンウイークがけっこうある。その間に帰国したり、練習しているが、今季は帰国を増やすために出場試合をもっと絞るのではないか。必ず出場するのは、4大メジャーに、世界ゴルフ選手権シリーズ4試合、プレーヤーズ選手権やA・パーマー招待といった高額賞金の大会などです。帰国が多くなれば、練習や調整時間を削ることになるし、体への負担も相当でしょう」

 ロスから成田や大阪までは直行便でも約10時間。フロリダのオーランドからなら約16時間もかかる。ファーストクラスでも長距離移動は腰への負担は大きくスイングへの影響は避けられない。メジャー優勝は厳しいか……。


関連記事(外部サイト)