主催者も熱視線 復帰の錦織圭“下部ツアー参加”のメリット

【ダラス選手権】錦織圭が長期離脱から復帰し優勝 錦織効果もあり観客動員が昨年の倍

記事まとめ

  • 右手首を痛めて長期離脱していた男子テニスの錦織圭が復帰2戦目で頂点に立った
  • 1月には「ニューポートビーチ・チャレンジャー」を復帰戦に選び1回戦で敗退していた
  • 地元の複数メディアによれば、錦織効果もあり昨年の倍近い観客動員があったよう

主催者も熱視線 復帰の錦織圭“下部ツアー参加”のメリット

主催者も熱視線 復帰の錦織圭“下部ツアー参加”のメリット

大会中、錦織の人気は絶大だった(C)共同通信社

 右手首を痛めて長期離脱していた男子テニス錦織圭(28=世界ランク27位)が復帰2戦目で頂点に立った。

 3日(日本時間4日)のツアー下部大会「ダラス選手権」(米テキサス州)決勝で、マッケンジー・マクドナルド(22=米国=同158位)を6―1、6―4で下して優勝。今季初の優勝賞金1万8000ドル(約200万円)を手にした。

 錦織は痛めた右手首の回復が遅れ、4大大会初戦の全豪オープンを欠場。下部ツアーの「ニューポートビーチ・チャレンジャー」(1月23日=米カリフォルニア州)を復帰戦に選び、1回戦で敗退していた。

 この日の試合後の会見で大会ディレクターを務めるクレイク・ベル氏が「ケイ(錦織)が希望するのであれば、来年も出てほしい」と話したのは単なるリップサービスではない。

 元世界4位の錦織の出場で、若手主体の下部ツアーへの注目度はアップ。主催者は正式な実数を公表していないが、地元テキサスの複数のメディアによれば、錦織効果もあって、昨年の2倍近い観客動員があったという。

 今大会の錦織は、1月29日の初戦から決勝までの6日間で5試合をこなした。この間、会場での飲食、グッズの売り上げも増えたとみられ、主催者が「来年もぜひ」と早々とオファーしたのは無理もない。

 チャレンジツアーから格上のATPツアーへのランクアップを目指す、各国の若手選手にとっては、錦織との対戦は貴重な経験にもなる。錦織の下部ツアー参戦はテニス界にとってメリットは大だ。

 錦織は次戦のニューヨーク・オープン(12日開幕)でATPツアーに復帰予定。錦織の出場をあてにしていた下部ツアー主催者の悲鳴が聞こえそうだ。


関連記事(外部サイト)