チームで孤立気味も…巨人・山口俊はFA野上が“心の支え”

チームで孤立気味も…巨人・山口俊はFA野上が“心の支え”

評価を上げる山口俊(C)日刊ゲンダイ

 宮崎で春季キャンプ中の巨人が12日、2試合目の紅白戦を行い、3番手で山口俊(30)が今季初登板。1イニングを10球、3者凡退で抑えた。

 FA移籍1年目の昨年は、7月に暴行事件を起こし、後半は謹慎。わずか1勝に終わった。

 前日11日に視察した長嶋茂雄終身名誉監督には「去年ああいう問題、事件が起こったし、今年は野球を一生懸命頑張って欲しいということよ」とハッパをかけられたばかり。「期待に応えたい」と背筋を伸ばし、久々の実戦登板で好発進。

 高橋由伸監督が「やっぱりいいなと思った」と目を細めれば、「臨時コーチ」最終日だった松井秀喜も「もともと力のある投手。ケガなく実力を発揮してくれれば、巨人の勝利につながると期待している」とベタ褒めである。

 チームでは事件の影響がまだ残る。九州出身のある球界関係者がこう言った。

「同じ九州人だから心配している。で、この前『おい大丈夫か?』と声をかけた。そうしたら、そのまま素通りされた。聞こえなかったのかもしれないけど、いつもそんな感じ。チーム内でも味方は少ないらしいが、当然という気がしたね」

■同じ九州の同級生

 そんな中、このオフに西武からFA加入した野上亮磨(30)だけは別のようだ。チーム関係者が言う。

「練習中、2人はいつも一緒に行動している。山口俊は大分、野上は福岡出身(高校は鹿児島)と同じ九州の同級生で、高校時代(柳ケ浦と神村学園)に対戦したこともあって旧知の仲。投手でFA入団という共通点が多い。宮崎では食事にも行っていて、大げさに言えば、昼も夜も一緒なことが多く、巨人で一旗揚げよう、と誓い合っているみたい。少なくとも、孤立している山口俊の心の支えになっているのは確かです」

 この日は野上も初登板。こちらは1回2失点デビューとなり、降板後にはブルペンで300球を投げ込んだ。試合前、試合を合わせると1日で約400球を投げた。さらに、孤立無援の同級生の話し相手になっているのだから、野上が入団した意味はありそうだ。


関連記事(外部サイト)