高校最後のアツい夏!澁澤莉絵留は3度目の正直なるか【日本ジュニア】

高校最後のアツい夏!澁澤莉絵留は3度目の正直なるか【日本ジュニア】

最後の日本ジュニアを迎えている澁澤莉絵留 明日は高校生活3年間の集大成だ(撮影:ALBA)

<日本ジュニアゴルフ選手権競技 2日目◇16日◇霞ヶ関CC、男子(西コース6775ヤード・パー70)、女子(東コース6456ヤード・パー71)>

沖学園高校3年生の澁澤莉絵留(りえる)が、最後の「日本ジュニア」を迎えている。本大会には3年連続で出場。台風が重なった1年生のときは21位タイ。2年生の昨年は、初日を1オーバーで終えると、「予選に通らなきゃというプレッシャーで、2日目もガタガタでした」と「83」をたたいて予選落ち。


いい印象が持てない大会だったが、今年は「ほとんどパーオンもして、チャンスも決められているので、(前回とは)変わりました」と成長を実感。5バーディ・ノーボギーの「66」をマークして、首位と8打差・31位タイから2打差・4位タイへとジャンプアップした。勝利にぐっと近づき、最終日に臨む。

「調子も上がってきていて、自信もつきました。明日も気持ちを崩さないで、今日みたいに安定してできたらと思います」とうれしそうに話す手に握られたキャップには、カラフルな “You are stronger than anyone!”(あなたは誰よりも強い)の文字。沖学園高校の仲間で、高校生活最後の夏にむけて応援メッセージを書き合った。

隣に描かれたイラストは、澁澤お手製。「みんなの好きなキャラクターを聞いて、それぞれ描きました。手芸も得意なんですよ」と、部活の皆に手作りのお守りをプレゼントした。明日は仲間への思いと2年分の悔しさを爆発させて、有終の美を飾る。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>