杉浦悠太が昨年のリベンジ果たし優勝!12〜14歳の部は吉沢己咲が制覇【日本ジュニア】

杉浦悠太が昨年のリベンジ果たし優勝!12〜14歳の部は吉沢己咲が制覇【日本ジュニア】

男女中学、高校それぞれの優勝者!左から吉沢己咲、杉浦悠太、吉田優利、森愉生(撮影:山代厚男)

<日本ジュニアゴルフ選手権競技 最終日◇17日◇霞ヶ関CC、男子(西コース6775ヤード・パー70)>

2020年東京五輪のゴルフ競技会場に決まっている埼玉県・霞ヶ関CCで開催中の「日本ジュニアゴルフ選手権競技」最終日。男女それぞれ12歳〜14歳の部(中学生)、15〜17歳の部(高校生)の合計4部門で競われている。


男子15歳〜17歳の部では、昨年大会で1打差2位に入った16歳・杉浦悠太(福井工大附属福井高2年)が3ストローク伸ばし、トータル10アンダーで大会制覇を果たした。2位に久常涼(岡山県作陽高1年)初日首位発進だった中島啓太(代々木高3年)は「74」とスコアを落としトータル2アンダーの3位に終わった。

12歳〜14歳の部では、吉沢己咲(藤岡市立北中2年)がトータル2オーバーで優勝。3打差の2位に大嶋宝(倉敷市立多津美中3年)。トータル9オーバーの3位に北側将圭(大阪市立松虫中3年)が入った。

【15〜17歳の部(高校生)順位】

1位:杉浦悠太(-10)
2位:久常涼(-6)
3位:中島啓太(-2)
4位:中尾亮太(±0)
5位:中澤大樹(+1)
5位:岡田晃平(+1)
7位:平田憲聖(+3)
8位:枝川吏輝(+4)
8位:唐下明徒(+4)
10位:小室敬偉(+5)
10位:鈴木晃祐(+5)
10位:出利葉太一郎(+5)

【12〜14歳の部(中学生)順位】
1位:吉沢己咲(+2)
2位:大嶋宝(+5)
3位:北川将圭(+9)
4位:竹原佳吾(+10)
4位:湯原光(+10)
6位:大野倖(+11)
6位:隅内雅人(+11)
8位:行正怜恩(+12)
8位:森下響(+12)
8位:後藤颯太(+12)

<ゴルフ情報ALBA.Net>