好スコアの理由は「ダボ」?三ヶ島かなは“ゼリー一気飲み ”でバーディラッシュ

好スコアの理由は「ダボ」?三ヶ島かなは“ゼリー一気飲み ”でバーディラッシュ

ダボで目覚めた!三ヶ島かな1打差発進(撮影:上山敬太)

<CAT Ladies 初日◇17日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

ダブルボギーが好スコアの秘訣?三ヶ島かなが8バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「68」をマーク。出だしでダボをたたきながら、そこからバーディを積み重ね、首位と1打差の2位タイからのスタートとなった。


第1組でティオフした三ヶ島は、序盤の3番パー3でティショットをミス。さらにグリーン右手前ラフからのアプローチが寄らずピンまで6mを残すと、「ファーストパットがあまりに悪すぎた」とそこから3パット。いきなりのダボで、2打のビハインドを負ってしまった。普通ならここで落ち込みそうな展開だが、三ヶ島は「ダブルボギーが“爆発のタネ”になりました。イラっとした感じがいい方向に行きました」と、この逆風を力に変えた。

7番でこの日初バーディを奪うと、9番からは3連続バーディ。さらに、13番パー5でワンピンのパットを決めると、14番、15番でもスコアを伸ばし、この日2度目となる3連続バーディを奪った。その後1ボギーを喫したものの、最終18番をバーディ締め。不穏なスタートだったラウンドも、終わってみれば2位タイの好発進となった。

「ティショットからタイミングが合わず、自分のイメージとプレーがかみ合わなかった」と3番のダブルボギーを振り返った三ヶ島だが、悪いプレーが出たときの“秘策”を携えて試合に臨んでいる。それが「色々と食べること」なんだとか。

「お腹がすくとイライラするじゃないですか(笑)。一つひとつイライラする要素をつぶすために、まず最初に何かを食べるようにしています」。この日は、栄養補給用のゼリーを一気飲みし、エネルギーをチャージして、その後のバーディラッシュに繋げた。

ここまで賞金ランキング67位に甘んじているが、7月の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」で今季初の60台をマーク。翌週の「センチュリー21レディス」では今季最高位の10位タイに入り、成績も上向いてきている。

「今年の目標は最低が賞金シード、最高が1勝。もちろん狙って勝てるものではないので、流れが来たときに、しっかりと勝ちたいです」

ダボが好スコアの決め手になったとはいえ、イライラもストレスもないに越したことはない。この日作った流れをしっかりとつかむためにも、明日はノーストレスのラウンドでバーディを積み重ねたい。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>