畑岡奈紗に「焦りなし」後半スコア落とすも「あと2日ある」

畑岡奈紗に「焦りなし」後半スコア落とすも「あと2日ある」

上位で週末を迎える畑岡(写真は初日)(撮影:GettyImages)

<インディ・ウィメン・イン・テック選手権 2日目◇17日◇ブリックヤード・クロッシングGC(6,456ヤード・パー72)>

米ツアー2年目でますます自信を深めている畑岡奈紗が、スコアを3つ伸ばし、トータル11アンダーの暫定3位タイでホールアウト。好位置で決勝ラウンド進出を決めている。


「上位で戦えていたし、あと2日あるので焦りはなかった」。前半を4バーディで折り返したが、後半は前日から調子の良かった強気のパッティングが影を潜め、苦しい展開に。それでもいまの畑岡には焦りはない。「まだ半分終わったばかり。あと2日集中してプレーできればいいなと思います」と、コメントも自信にあふれている。

前半奪ったバーディは1メートルを始め、すべて1ピン以内と、ショットで獲ったバーディ。後半はチャンスがありながらも決めきれない展開。それでも最終ホールでは再び1メートルにつけて楽々バーディ締め。「たくさんチャンスにつけられた」と、ショットの安定感は抜群だ。

悪天候による翌日順延で全選手がホールアウトしていない状況だが、上位で週末を迎えるのは確実。日替わりで好調な部分を伸ばし、苦手部分を消していく畑岡。この調子なら、米ツアー2勝目も確実に近づいているといってよさそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>