P・マークセンがPO制し今季5勝目 原辰徳氏は73位【ファンケルクラシック】

P・マークセンがPO制し今季5勝目 原辰徳氏は73位【ファンケルクラシック】

プレーオフを制して今季5勝目を飾ったプラヤド・マークセン(撮影:岩本芳弘)

<ファンケルクラシック 最終日◇19日◇裾野カンツリー倶楽部(7,009ヤード・パー72)>

国内シニアツアー「ファンケルクラシック」最終日の競技が終了。ト−タル13アンダーで首位に並んだプラヤド・マークセン(タイ)とグレゴリー・マイヤー(米国)が18番の繰り返しによるプレーオフを行い、3ホール目でバーディを奪ったマークセンに軍配が上がった。


マークセンは今季出場6試合で5勝目。3年連続の賞金王戴冠へ、ランキング1位を独走している。敗れたマイヤーは今季2勝目を目前に捉えていたが、最後の最後で涙をのんだ。

首位と3打差の3位タイにフランキー・ミノザ(フィリピン)とシニアルーキーの伊澤利光。4打差の5位タイに清水洋一、呂文徳(台湾)が入った。

アマチュア枠で出場した元・読売巨人軍監督の原辰徳氏は、2バーディ・2ボギーの「72」でラウンド。トータル20オーバー・73位で大会3日間を終えた。

【最終結果】
優勝:プラヤド・マークセン(-13)※プレーオフ
2位:グレゴリー・マイヤー(-13)
3位T:伊澤利光(-10)
3位T:フランキー・ミノザ(-10)
5位T:清水洋一(-9)
5位T:呂文徳(-9)

<ゴルフ情報ALBA.Net>