“若大将”原辰徳氏、本日の成績は2ホームラン!プロツアーで「72」はスゴイ!? 

“若大将”原辰徳氏、本日の成績は2ホームラン!プロツアーで「72」はスゴイ!? 

ホールアウト後に爽やかな笑顔を見せた原辰徳氏(右)(撮影:岩本芳弘)

<ファンケルクラシック 最終日◇19日◇裾野カンツリー倶楽部(7,009ヤード・パー72)>

野球界のスターが、ゴルフ場でもその存在感を示した。国内シニアツアーの「ファンケルクラシック」最終日。アマチュア枠で出場した元・読売巨人軍監督で、現役時代は“若大将”の愛称で親しまれた原辰徳氏が、前日「86」の大たたきから見事にカムバック。2バーディ・2ボギーの「72」で回り、周囲を驚かした。


初日から2日間ダブルボギーをたたいた2番でバーディを奪うと、前半は2アンダーで折り返し。アンダーパーのラウンドに期待がかかったが、後半は惜しくも2ボギーでパープレーのラウンドにも、「今日は4打数3安打。2ホーマーの気持ちだね」と笑顔を見せた。

所属コースでクラブチャンピオンになるなどアマチュアゴルファーとしての実績は申し分ないが、コースセッティングがハードなプロの試合でのパープレーは見事というしかない。この結果に原氏から飛び出る言葉も、現役時代を思わせる饒舌ぶりだった。

「今日は気持ちよく目覚めることもできたし、起きてすぐに闘争エネルギーを味わうことができましたよ」。連日ダボのリベンジを果たした2番については、「生きているなら進歩しないとね!」。

前日の大たたき後も、「イメージのスイングはやって、テイクバックをちょっと大きく取ろうと。今日はそのイメージ通りにやったら、本来のスイングになってくれましたね」と、修正能力も抜群。「まぁ、そこそこできる人ですから(笑)」と、出てくる言葉もとにかく明るい。

気になるのは、今後のゴルフ界への取り組みだが、「ゴルフに対する気持ちに変わりはありませんし、これからは趣味として楽しみます。これから先は野球界に目を向けて、陰ながらゴルフ界を応援していきます」と、残念ながらプロの試合での雄姿はこれで見納めとなる可能性が高い。

「我々世代に、『まだ原は頑張っているんだな』と思ってもらい、それで前向きになってもらえたらうれしいですね」と締めくくった還暦の原氏。今後は、やや低迷している古巣・巨人軍監督復帰への期待も高まるなか、黄色い声援を受けた現役時代さながらの爽やかな姿でコースを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>