【勝者のギア】大里桃子はスピンの魔術師!? 「男子プロのようなセッティングを好みます」

【勝者のギア】大里桃子はスピンの魔術師!? 「男子プロのようなセッティングを好みます」

黄金世代の新星・大里桃子は“スピンの魔術師”!?(撮影:上山敬太)

<CAT Ladies 最終日◇19日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

トータル10アンダーで、ツアー初優勝を飾ったルーキーの大里桃子。プロテストに合格し、日本女子プロゴルフ協会入会からわずか23日でのツアー初優勝は史上最短記録となったが、「まだまだ下手くそ」と本人は控えめ。だが、1番ホールからギャラリーを沸かせる“才能”を持っていた。


1番パー5の3打目。ピンを大きくオーバーしたかに見えたが、バックスピンで戻って1.5mの位置にピタリ。ギャラリーからの大歓声を引き出すなど、この日は全体的にバックスピンを多用するシーンが目立った。

それでいて、初優勝の重圧がかかる最終18番の3打目はバックスピンを抑えるため、52°ではなく、PWのライン出しで20センチ締め。グリーンが速く、バックスピンのかかりやすい傾斜や状況を読み切り、クレバーに最適なショットを選択していた。契約するブリヂストンのツアー担当は大里の特徴をこう語る。

「大里プロは、女子プロの中でもかなりスピン量が多い選手。クラブへのこだわりとしては、ディープフェースで男子プロのようなセッティングを好みます。シャフトもしなり量が抑えめで、全体的にハードスペック。ただし、ドライバーだけはなぜかスピン量が少な目なんですよ。本人がスイングで意図的にそのようにしているのかもしれませんが…」

使用ボールはタイガー・ウッズ(米国)と同じく、スピン量の多い『TOUR B XS』。ルーキーながら、バックスピンを操りギャラリーを沸かせる“スピンの魔術師”か。今後は、彼女のウェッジショットにも注目必至である。

【大里桃子の優勝セッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:ブリヂストン TOUR B XD-3C
(9.5°、三菱ケミカル KUROKAGE XT60/S/45.25インチ)
3,5W:ブリヂストン TOUR B XD-F(15,18°)
3,4U:ブリヂストン TOUR B XD-H(21,24°)
5I〜PW:ブリヂストン JO15CB
A,SW:ブリヂストン TOUR B XW-F(52,58°)
PT:PING VAULT 2.0
BALL:ブリヂストン TOUR B XS

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)