片岡大育が米下部ツアーに急きょ参戦 ツアーカード獲得を目指す

片岡大育が米下部ツアーに急きょ参戦 ツアーカード獲得を目指す

片岡大育が米下部ツアーに参戦!(撮影:GettyImages)

欧州ツアーを含め、積極的に海外ツアーに参戦している片岡大育が、米国男子下部ツアーのウェブドットコムツアーに急きょ参戦することを発表した。


同ツアーのシーズン最後の4戦(ファイナルズ)が23日(木)に開幕。片岡は米ツアーメンバーではないが、スポット参戦した今季の米ツアー「WGC-HSBCチャンピオンズ」で15位タイ、「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で18位タイの成績を収めたことで、フェデックスカップポイントランキングの126-200位相当に該当。この資格により、下部ツアーファイナルズへの出場権を獲得した。

出場権獲得の連絡が来たのが10日(金)。16日から欧州ツアー「ノルデアマスターズ」への参戦を控えていたが、急きょこれを欠場。ファイナルズ1戦目となる「ネーションワイド・チルドレンズホスピタル選手権」に出場するため、11日に現地入りを果たした。

昨年実績でいけば、ウェブドットコムツアーレギュラーシーズンでの賞金ランク25位内の選手と、この25選手を除いたファイナルズでの賞金ランク上位25選手の合計50人に翌シーズンの米国男子ツアーの出場資格が付与される。片岡のキャディ兼マネージャーを務める伊能恵子さんによると、「片岡選手と青山充コーチと相談してすごく悩みましたが、片岡選手の夢でもある米ツアーだったので」と決断。米ツアー本格参戦に向けての活路を見いだしたい。

【ウェブドットコムツアー ファイナルズへの出場資格】
■ウェブドットコムツアー レギュラーシーズンの賞金ランク75位内
■フェデックスカップポイントランク126-200位
■ツアーメンバー外の選手で、フェデックスカップポイントランク126-200位相当(片岡が該当)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)