キム・ハヌル、復調に向けての特効薬は“行列2時間”のパンケーキ 将来はお店も?

キム・ハヌル、復調に向けての特効薬は“行列2時間”のパンケーキ 将来はお店も?

気分は上々! 北の大地で英気を養ったキム・ハヌル(撮影:米山聡明)

<ニトリレディス 事前情報◇22日◇小樽カントリー倶楽部(6628ヤード・パー72)>

昨年の大活躍から一転、今季は苦戦を強いられているキム・ハヌル(韓国)の表情が明るい。北海道の小樽カントリー倶楽部であす23日(木)に開幕する「ニトリレディス」のプロアマ戦に出場したハヌルが、今大会への意気込みを語った。


4月の「サイバーエージェントレディス」の7位タイを最後にベスト10を外しているハヌル。思うような結果を出せていないが、「まあまあですよ(笑)。ショットは好調ですが、あとはパッティングですね」と、課題は明確。「試合をイメージしながら球数を少なくして、集中してパッティング練習をしています」と、バーディ量産体制を敷く準備を整えつつある。

そんなハヌルだが、北海道入りから気分は最高潮だという。「千歳(空港)に着いて、すぐに2時間並んで空港でパンケーキを食べました」と、さらに明るい笑みを浮かべる。「ネットで自分で調べます」と、旅の楽しみの一つでもある食べ歩きを満喫して、英気を養っている。

パンケーキだけではない。その後は「はじめてジンギスカンを食べました。アイスクリームのおいしいお店も紹介してもらいました」と、週初めの月曜日は北海道の名産に舌鼓を打った。「北海道はおいしいものがあるから幸せです」と、まずます表情が崩れる。

さらに話は進む。「将来は自分でカフェとかやってみたい」と、仰天プランも飛び出すほど、甘いものやおいしいものに目がないという。いまのところ成績は振るわないが、暗さは全く感じられず、北の大地で英気を養って本戦に臨むハヌル。今週は北海道パワー全開で、久しぶりの上位争いに食い込む!(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>