桂川有人が「60」で男子単独トップに浮上、女子は高久ゆうなが首位【日本学生ゴルフ】

桂川有人が「60」で男子単独トップに浮上、女子は高久ゆうなが首位【日本学生ゴルフ】

桂川有人が11ストローク伸ばし男子の単独トップに立った(写真は2017年撮影)(撮影:GettyImages)

<2018年度日本学生ゴルフ選手権◇22日◇飯能ゴルフクラブ◇男子 2日目(6,870ヤード・パー71)、女子 初日(6,413ヤード・パー72)>

「日本学生ゴルフ選手権」は前日開幕した男子に続き、女子の競技もスタートした。


男子は、今年の中部アマを制した桂川有人(日大2年)が1イーグル・11バーディ・2ボギーの「60」をマーク。トータル12アンダーとし、初日の27位タイから一気に単独首位へと躍り出た。1打差の2位に古川雄大(東海大九州3年)、2打差の3位タイに富本虎希(大阪学院大2年)、安森一貴(関西学院大3年)、眞山龍太郎(日大1年)が続く。

女子は4バーディ・ノーボギー・1ダブルボギーの「70」でラウンドした高久ゆうな(東北福祉大4年)が単独トップに立った。2打差の2位タイに円角有希(中部学院大2年)、松本春香(大阪学院大4年)、川口莉歩(愛知学院大1年)、向井七海(東北福祉大1年)の4人がつけている。

大会は24日(金)まで男子4日間、女子3日間の日程で行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>