芝生を集めてシャベルでガーッ!緊張感のなかの気分転換が面白い【カメラマンの景色】

芝生を集めてシャベルでガーッ!緊張感のなかの気分転換が面白い【カメラマンの景色】

ミニチュアのシャベルカーで遊ぶ、可愛らしい三ヶ島かな(撮影:鈴木祥)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【CAT Ladies編】。


ツアーを戦う選手たちは、1日18ホールの中で常に緊張状態に置かれているが、メンタルのスポーツともいわれるゴルフではうまくオンとオフを切り替えることも大事。プレー中の選手を見ていると、さまざまな方法で気分転換をしているのが見えてくる。

先週の「CAT Ladies」で上位争いに食い込んでいた三ヶ島かなは、ある方法でリラックスムードを保っていた。その現場を目撃したのが鈴木祥カメラマン。「あるホールで前の組がまだいたときに、ティグラウンドで三ヶ島選手があることをはじめたんです」という鈴木カメラマン。よーく写真を見てみると、「ミニチュアのシャベルカーの上に飛び散った芝のかけらを乗せていたんです」。と、至近距離で選手を見ているカメラマンならではの気づきがあった。

大会主催のキャタピラー社が主力商品としている大型重機をあしらった大会特別ティマークを見つけた三ヶ島が、ティグラウンドに落ちていた芝を集めて、あたかもシャベルで集めました、という風に遊び始めたのを微笑ましく見ていた鈴木カメラマン。「プレー中の緊張感の中でのつかの間の気分転換だったのでしょうか。見ていてかわいらしかったので、思わずシャッターを押しました」(鈴木カメラマン)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)