【初日展望】大里桃子に続く黄金世代は?実力者が過去優勝の大会で初日飛び出すのは?

【初日展望】大里桃子に続く黄金世代は?実力者が過去優勝の大会で初日飛び出すのは?

キム・ハヌルはセクシーウェアで登場!(撮影:村上航)

<ニトリレディス 事前情報 初日◇23日◇小樽カントリー倶楽部(6628ヤード・パー72)>

今季の女子ツアー最後の北海道決戦が幕を開ける。4日間の日程で行われる「ニトリレディス」がスタートを迎え、早朝6時45分から第1組がコースへと飛び出した。


今大会は過去優勝者を見ても実力者が制覇するケースが多い。昨年は申ジエ(韓国)が貫禄の逃げ切り勝利。2016年は賞金女王争いに食い込んでいた笠りつ子が大会2勝目。15年には当時絶好調のイ・ボミ(韓国)が圧巻の優勝を遂げている。現在賞金ランキング1位の鈴木愛が欠場していることもあり、ランキング上位選手にとっては、少しでも鈴木に近づく大一番となる。

先週、ツアー初優勝を果たした大里桃子ら若手にも注目だ。プロテスト合格後、ひと月も立たないうちに優勝を遂げた大里は、「まぐれです。まだまだです」と笑うが、「松山英樹さんのような強い選手になりたいと思います」と、将来を見据える。勢いに乗ったら止まらない黄金世代ら、若手の活躍にも注目したい。

地元勢の中で注目は大会主催のニトリと所属契約を結ぶ小祝さくら。「北海道は苦手なんです」と衝撃発言も飛び出すが、現在賞金ランキング9位が示すとおり好調を持続して臨んでいるだけに、ツアー初優勝を地元ファンの前で飾る可能性も十分にあるとみていいだろう。

ベテラン実力者対勢いの若手か。はたまた思わぬ伏兵が飛び出すのか。台風接近で週末の天気が危ぶまれるなか、初日に飛び出した選手が優位に試合を運びそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>