三ヶ島かなが自身初の単独首位発進 イ・ボミは「79」で大きく出遅れ

三ヶ島かなが自身初の単独首位発進 イ・ボミは「79」で大きく出遅れ

自身初の単独首位発進を決めた三ヶ島かな(撮影:村上航)

<ニトリレディス 初日◇23日◇小樽カントリー倶楽部(6628ヤード・パー72)>

本日23日(木)に4日間の日程で開幕した国内女子ツアー「ニトリレディス」初日の競技が終了し、ツアー初優勝を狙う22歳・三ヶ島かなが5バーディ・ノーボギーの「67」でラウンド。5アンダー・単独首位発進を決めている。


三ヶ島が単独首位スタートを切るのは自身初。首位タイ発進は2016年の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で1度記録している。

首位と1打差の単独2位に青木瀬令奈。2打差の3位タイに有村智恵、宮田成華、武尾咲希、黄アルム(韓国)が続いた。

地元・北海道での初優勝を狙う“黄金世代”の小祝さくらは、3バーディ・2ボギーの1アンダー・16位タイ発進。先週の「CAT Ladies」でツアー初優勝を果たしたルーキー・大里桃子は、3バーディ・5ボギーの「74」と振るわず、2オーバー・54位タイと出遅れた。

2015年大会覇者のイ・ボミ(韓国)は1バーディ・8ボギーで、パー72では今季ワーストとなる「79」と精彩を欠き、7オーバー・110位タイと苦しい幕開けとなった。

【初日の順位】
1位:三ヶ島かな(-5)
2位:青木瀬令奈(-4)
3位T:有村智恵(-3)
3位T:宮田成華(-3)
3位T:武尾咲希(-3)
3位T:黄アルム(-3)