【米国男子の注目スイング】スライサー必見!松山英樹の正確ショットの秘密は“視線”にあった

【米国男子の注目スイング】スライサー必見!松山英樹の正確ショットの秘密は“視線”にあった

ショットの正確さの秘訣は視線にあった!(撮影:岩本芳弘)

今季の米国男子ツアーも、残すところはプレーオフシリーズのみ。30人しか出場できない最終戦への生き残りをかけた最後の戦いに挑むトッププロのドライバースイングを原江里菜、福田真未らを指導する森守洋コーチが解説。今回はショットメーカー・松山英樹の曲がらない秘訣を分析した。


米ツアーには、ショットのスコアへの貢献度を表すスタッツ、ストロークゲイン・ティ・トゥ・グリーンがある。松山は今季こそ33位と低迷気味ではあるが、2014年から17年までトップ10をキープするなど、ツアー屈指のショットの精度を誇る。

その松山の注目ポイントとして森が挙げたのが、視線だ。

「インパクトのときも、(ボールのティ位置よりも)ずっと右側を向いていて、そこから一気にフォロースルーでターゲット方向に向く。首回りが柔らかくて、関節の使い方がすごくうまいですね」。

これを意識的に行うことにより、上体がすぐにターゲット方向に開いてしまうのを防ぎ、正面に残る時間が増える。そうすることで、スイングの軌道がぶれにくくなる。「上半身がすぐに開いてしまうと、クラブを自分で思ったよりも左に引っ張ってしまったり、ボールが狙ったところに飛んでいかなくなってしまう」。

松山のように、ここまで体を開かずにキープできる選手は少ないという。「だからこそ、あまり球が曲がらないショットメーカー。スライサーや、球がつかまらない人は参考にするといいと思います」。

解説・森守洋(もり・もりひろ)/1977年2月27日うまれ、静岡県下田市出身。高校時代にゴルフを始め、1995年に渡米しサンディエゴにて4年間ゴルフを学ぶ。2002年よりレッスン活動を開始し、現在は「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、多くのアマチュアをレッスンする一方で、原江里菜らツアープロのコーチもしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>