関西OP4位Tの久保田皓也は6位タイ 女子は高久ゆうなが首位キープ【日本学生ゴルフ】

関西OP4位Tの久保田皓也は6位タイ 女子は高久ゆうなが首位キープ【日本学生ゴルフ】

久保田皓也は5ストローク伸ばして最終日へ(写真は関西オープン)(撮影:佐々木啓)

<2018年度日本学生ゴルフ選手権◇22日◇飯能ゴルフクラブ◇男子 2日目(6,870ヤード・パー71)、女子 初日(6,413ヤード・パー72)>

「日本学生ゴルフ選手権」は男子が3日目、女子が2日目を終了した。


男子は沖縄県出身、2015年の「日本ジュニアゴルフ選手権競技」男子15歳〜17歳の部で2位タイに入った富本虎希(大阪学院大2年)が単独首位に立った。この日に「63」をマークし、8ストローク伸ばして後続に4打差をつけて最終日に臨む。

首位と4打差・2位タイには安森一貴(関西学院大3年)と桂川有人(日大2年)が、首位と7打差・4位タイには、眞山龍太郎(日大1年)と古川雄大(東海大九州3年)が続いた。国内男子ツアー「関西オープン」で4位タイに入った久保田皓也は、スコアを5つ伸ばしてトータル10アンダー・6位タイで最終日に臨む。

女子では、この日に5ストローク延ばした高久ゆうな(東北福祉大4年)がトータル7アンダーで単独首位をキープ。首位と6打差・2位には安本美咲(流通科学大3年)、7打差・3位には星川ひなの(日大1年)がつけた。

大会は24日(金)まで、男子が4日間、女子が3日間の日程で行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>