青木瀬令奈が単独首位に浮上 2位に有村智恵、イ・ボミは予選落ち

青木瀬令奈が単独首位に浮上 2位に有村智恵、イ・ボミは予選落ち

青木瀬令奈が2日目を終え単独トップに浮上(撮影:米山聡明)

<ニトリレディス 2日目◇24日◇小樽カントリー倶楽部(6,628ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ニトリレディス」2日目が行われ、首位と1打差の2位から出た青木瀬令奈が、6バーディ・2ボギーの「68」をマーク。トータル8アンダーで単独首位に躍り出た。


1打差の2位には、こちらも「68」をマークした有村智恵が浮上。トータル6アンダー・3位に初日首位の三ヶ島かながつけている。トータル5アンダー・4位タイに渡邉彩香、森田遥、テレサ・ルー(台湾)、黄アルム(韓国)が続く。

2試合ぶりの出場となる比嘉真美子はトータル4アンダー・8位タイ。原英莉花は3アンダー・11位タイで決勝ラウンドに進む。ニトリ所属の岡山絵里はトータル2アンダー・15位タイ、松田鈴英はトータル2オーバー・44位タイで3日目へ。先週の「CAT Ladies」でツアー初優勝を飾った20歳の大里桃子は、トータル4オーバー・56位タイで予選を通過した。

初日7オーバーと大きく出遅れた2015年大会覇者のイ・ボミ(韓国)は、「71」と1つスコアを伸ばしたものの、トータル6オーバー・74位タイで予選落ちとなった。また金田久美子は、9番パー5のスコア誤記で失格となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>