首位キープの山里愛「ゼロからのスタートだと思ってやりたい」【ステップ最終日】

首位キープの山里愛「ゼロからのスタートだと思ってやりたい」【ステップ最終日】

首位を守った山里愛(左)、ステップ2勝目を狙う(撮影:鈴木祥)

<山陰合同銀行 Duoカードレディース 最終日◇24日◇大山平原ゴルフクラブ(6,463ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー第15戦「山陰合同銀行 Duoカードレディース」最終日。台風の影響を考慮し、午前9時に第1組がスタート。最終組は10時30分にティオフを迎える。


2日目を終えて、首位に立ったのは、ベテランの新坂上ゆう子と、山里愛。1打差の3位タイには山田成美、丹萌乃、アマチュアの垣優菜がつけている。

2打差・6位タイには4名、川満陽香理、但馬友、平井亜実、そして今季のプロテストに合格した新人の稲見萌寧。今大会は2016年(石川明日香)、2017年(勝みなみ)と2年連続でのルーキー優勝となっているだけに、3年連続に期待がかかる。

上位陣のコメントは以下のとおり。

山里 愛(1位タイ/-2)「疲れましたね。暑さで集中力がかけていたかもしれない。アプローチが寄るのに、ショートパットが入らなかったですね。前半は叩きましたが、焦ってはなかったです。10番のイーグルは自分でもビックリしました。25ヤードくらい。明日も耐えることが優先。ゼロからのスタートだと思ってやりたい」

新坂上 ゆう子(1位タイ/-2)「午前中は会話がなくなるくらい暑くて辛かった。最終日は体力面、集中力がどうなるか。そこをカバーしていつも通りやりたい。平成最後の夏ですし、優勝していい思い出にしたい。明日もまたラウンドできる。まだステップも続く。満足できる球を打って、いい音をさせて、終わりたい」

山田 成美(3位タイ/-1)「初日、バーディが少なかったですが、2日目は3つ取れて、ノーボギーだったのでうれしいです。風はあまり得意ではないですけど、大きなミスなくまとめられました。今日も急に突風が吹いたり、舞っていたりしました。その中でもショットが安定していた。このコースのグリーンは固く仕上がっているので、攻めるところと守るところをちゃんと決めて、メリハリのあるプレーをしたい」

丹 萌乃(3位タイ/-1)「初日のドライバーショットが安定していなかったですが、トップが大きくなり過ぎないように気をつけることで修正できた。パットもイメージよく、思い通り打てている。今日はショットの縦の距離感が合わなかったので、最終日は距離感を合わせていきたい。絶対優勝したいです!」

垣 優菜 ※アマチュア(3位タイ/-1)「ピンチが結構ありましたが、そこをパーで凌げたのがよかった。耐えられたところが今日のゴルフで一番よかったところです。ノーボギーはうれしいですね。ただ、バーディチャンスはいっぱいあったので、明日は決めたいです。地元のギャラリーの方たちの声援が心に響いて、すごい励みになっているので、本当にありがたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)