夏休み返上で“ボールを潰す”悪癖改善 単独首位浮上の出水田大二郎はリベンジなるか

夏休み返上で“ボールを潰す”悪癖改善 単独首位浮上の出水田大二郎はリベンジなるか

出水田大二郎が単独首位に浮上(撮影:佐々木啓)

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

雨こそ降らなかったものの、台風の影響で強い風が吹いたこの日の芥屋ゴルフ倶楽部。多くの選手がスコアを落とす中、同じ九州は鹿児島出身の出水田大二郎が1イーグル・6バーディ・5ボギーの「69」とスコアを3つ伸ばし、トータル6アンダーで単独首位に浮上した。


3アンダー・19位から出た出水田は、出だしの1番でバーディを奪うも2番からまさかの3連続ボギー。それでも「この風ならボギーは出る。我慢していけばどこかでチャンスが来る」と動じず。言葉通り前半で3つのバーディを奪い、アンダーに潜って折り返すとバックナインではイーグルなどスコアを2つ伸ばしてホールアウト。単独首位に立った。

春先から予選を通過するも上にいけない状況が続いた。そうこうしているうちに予選落ちが続くようになってしまった。問題はショット。25歳の若者はオープンウィーク期間、「それどころじゃなかった」と夏休みを返上でスイング改善に取り組んだ。

出水田の悪癖はダウンスイングでクラブが鋭角に入りボールを潰してしまうこと。それによりボールが捕まらず、右にばかり出ていた。「いつも色々アドバイスをくれる」という先輩と共に自身の動画をチェック。「切り返しでのタメが効き過ぎてクラブがあまりに体の近くを通っていたので、もう少し大きくクラブを下ろすようにしたら、クラブが緩やかな角度でボールに入るようになった」と改善。「調子を上げて福岡に来られた」と納得のいく仕上がりで後半戦の初戦を迎えることができた。その言葉が間違っていなかったことはここまでのスコアが証明している。

昨年大会では3日目に自身初となる最終組に入ったものの「普段のスイング、自分のゴルフができなかった。緊張していたのかもしれない」と崩れて優勝戦線から離脱。15位タイとタイトルには手が届かなかった。「明日も緊張すると思う。だけど経験があるので、少しは落ち着いてできると思う」。1年前の経験と“夏休み”に得た自信。鬼門のムービングデーを乗り切る準備は整った。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>