【米国男子の注目スイング】実はテクニシャン!D・ジョンソン、飛ばしの秘訣は子供のような棒振り技術

【米国男子の注目スイング】実はテクニシャン!D・ジョンソン、飛ばしの秘訣は子供のような棒振り技術

ダスティン・ジョンソンはテクニシャン!手首に注目(撮影:岩本芳弘)

今季の米国男子ツアーも、残すところはプレーオフシリーズのみ。30人しか出場できない最終戦への生き残りをかけた最後の戦いに挑むトッププロのドライバースイングを原江里菜、福田真未らを指導する森守洋コーチが解説。今回は世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)の飛ばしの秘訣を分析する。


世界NO.1のジョンソンは、飛距離においてもツアートップクラス。190cmの長身を生かし、350ヤードを飛ばすこともあるが、注目したいのは手首の動きだ。

「ジョンソン選手がいちばん優れている部分は、手首の使い方が非常にうまいということ。手首の運動量がとても多く、インパクト後も“ポン”と手首を振るスピードが速い。フォローでのコッキングがうまいんです」。大柄な体を使った飛ばし屋と思われがちだが、ポイントとなるのは手首を使った「棒振り」のうまさ。

「この手首の動きが速くできると、ヘッドスピードも上がる。単純に子供が棒を振っているイメージでクラブを振れていて、サンドウェッジを振っているような軽やかさがあります。実は結構テクニシャンなんですね」。スイングの基本でもある棒を振って、たたく動作が自然と行えているのが特徴ということだ。

解説・森守洋(もり・もりひろ)/1977年2月27日うまれ、静岡県下田市出身。
高校時代にゴルフを始め、1995年に渡米しサンディエゴにて4年間ゴルフを学ぶ。2002年よりレッスン活動を開始し、現在は「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、多くのアマチュアをレッスンする一方で、原江里菜らツアープロのコーチもしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>