出水田大二郎が鬼門の3日目に挑む 石川遼の体調は?【3日目展望】

出水田大二郎が鬼門の3日目に挑む 石川遼の体調は?【3日目展望】

前日体調不良に襲われた石川遼だが、この日は普段通りの様子でコースに飛び出した(撮影:佐々木啓)

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目◇25日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

ムービングデーを迎えた「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」。トータル6アンダーの出水田大二郎が単独首位に立っている。


出水田は昨年大会も3日目に自身初となる最終組に入ったものの、「普段のスイング、自分のゴルフができなかった。緊張していたのかもしれない」と崩れ優勝戦線から離脱した。「明日も緊張すると思う。だけど経験があるので、少しは落ち着いてできると思う」と話す25歳は鬼門の3日目も首位をキープすることができるか。

1打差の2位タイには丸山大輔、パヌポール・ピッタヤラット(タイ)、ブレンダン・ジョーンズ、W・J・リー(ともにオーストラリア)、朴ジュンウォン、キム・キョンテ(ともに韓国)の6人が控える。

さらにトータル4アンダー・8位タイにはキム・ヒョンソン(韓国)、藤田寛之、トータル3アンダーの13位タイに池田勇太と歴代覇者たちが虎視眈々と飛躍を伺う。

2016年の覇者・石川遼はトータル1アンダー・30位タイ。第2ラウンドは朝に点滴を打つなど体調不良と戦いながらも何とか完走し、逆転優勝に望みをつないだ。3日目のラウンド前には、ドライバーの練習などで自身のコンディションを確かめるなど、練習場の様子を見る限り問題はなさそうな様子でティオフを迎えた。蒸し暑い気候となりそうだが、2年ぶりの優勝へ猛チャージといきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>