出水田大二郎、ウォンジョン・リーが首位で最終日へ 石川遼は6打差20位

出水田大二郎、ウォンジョン・リーが首位で最終日へ 石川遼は6打差20位

首位タイで最終日に臨む出水田大二郎(撮影:佐々木啓)

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目◇25日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」3日目の競技が終了し、6アンダー・単独トップから出た25歳・出水田大二郎が6バーディ・1ボギーの「67」で回り、ウォンジョン・リー(オーストラリア)と並んでトータル11アンダー・首位タイでフィニッシュ。ツアー初優勝をかけて最終日に臨む。


首位と1打差の3位にパク・ジュンウォン(韓国)、2打差4位に40歳のベテラン・武藤俊憲が続いた。

2016年大会覇者の石川遼は、5バーディ・1ボギーの「68」をマーク。首位と6打差のトータル5アンダー・20位タイで3日目を終えた。昨年覇者の池田勇太も「68」と4ストローク伸ばし、トータル7アンダー・8位タイと好位置につけた。

【3日目の順位】
1位T:出水田大二郎(-11)
1位T:ウォンジョン・リー(-11)
3位:パク・ジュンウォン(-10)
4位:武藤俊憲(-9)
5位T:今平周吾(-8)
5位T:上井邦裕(-8)
5位T:嘉数光倫(-8)