有村智恵は「う〜ん、なんともいえない」 暗さって一体どれくらいでできなくなるの? 「できるのであればやってほしい」?

有村智恵は「う〜ん、なんともいえない」 暗さって一体どれくらいでできなくなるの? 「できるのであればやってほしい」?

暗闇で行われた最終ホール 有村智恵は後味の悪いボギーフィニッシュに(撮影:米山聡明)

<ニトリレディス 3日目◇25日◇小樽カントリー倶楽部(6628ヤード・パー72)>

投光器と大型スクリーンの明かりでかろうじて見えるグリーン面。日もどっぷり暮れた午後6時半過ぎ。最終組で上位争いを演じていた有村智恵が最終ホールでボギーを喫し、首位タイから陥落。トータル4アンダー・2位タイで3日目を終えた。


温帯低気圧の通過ととともに、深夜から朝にかけて大雨がコースを襲い、スタート時間が大幅に遅れた「ニトリレディス」3日目。悪天候予想もあって、通常なら8時前後のところ、第1組を10時45分スタートとしていたが、それでもコース整備が間に合わず、11時半のスタート。ところが、この日は木が横倒しになるほどの強風に加え、「傾斜の途中や、尾根の上など、ピン位置が難しかった」(原英莉花)といった具合で、プレーの進行がどんどん遅れ、最終組が15番近辺をプレー中には、すっかり日が暮れかけていた。

「16番のグリーンくらいから見えなくて」と、競技委員には見えないことをアピールしたとする有村だが、「やれといわれれば…。打つことはできるけど、う〜ん…、なんともいえない。ちょっと条件的には厳しかったです」と後半の最終3ホールを振り返った。「ピンは見えるけどボールが飛んでいくイメージが見えない。ターゲットがぼやける感じです」と、嘆いた。

人によって暗さの基準は違うため、有村含め最終組を回る青木瀬令奈、三ヶ島かなが「もう暗くて見えません。プレーできません」と訴えていれば状況は違ったかもしれないが、「(中断を伝える)ホーンを鳴らしてもらえなくて…。17番ティで『できるのであればやってほしい』といわれました」と、プレー続行。最終18番パー4はセカンドをグリーンに乗せるも、「ほぼ何も見えていませんでした」と10メートル以上のバーディパットを4メートルオーバー。気持ち悪さの残るフィニッシュとなってしまった。

実際にコースは闇に包まれていた。コースの日没時間は午後6時20分前後。最終日のホールアウト時間は同36分。暗いのも当たり前だった。ショットでは強風の対策で時間がかかり、グリーン上では落ち葉を取り除き、複雑なアンジュレーションのため慎重にラインを読む。プレー時間が遅れに遅れ、最終組は終了予定の午後6時ちょうどを36分越えて終了。前の組とも1ホール以上あいたことも事態を悪化させた。

天候との勝負もゴルフの要素の1つだ。とはいえ、選手と競技委員それぞれの“暗さ”、“プレーできるかどうか”の判断は曖昧。どちらかがハッキリと判断を下せば、納得の上でプレーを続行するのか中断するのか、決めることもできたかもしれない。「上がりが良くなかったので悔やまれる」とした有村。終わってしまった暗闇騒動。もやもやと悔しさは、あしたのプレーで晴らすしかない。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>