日本女子OP最終予選に渡邉彩香、松森彩夏、原英莉花、藤田光里らが出場

日本女子OP最終予選に渡邉彩香、松森彩夏、原英莉花、藤田光里らが出場

日本女子オープンの最終予選に挑むルーキー・原英莉花(撮影:村上航)

<日本女子オープン 事前情報◇26日◇千葉カントリークラブ野田コース>

9月27日(木)〜30日(日)、千葉県の千葉カントリークラブ野田コースで行われる女子ゴルファー日本一決定戦「日本女子オープン」。その最終予選が8月27日(月)、28日(火)、紫カントリークラブすみれコース(千葉県)で行われるが、最終エントリー者が発表された。


現段階で出場権(※)をもたないプロ94名、アマ46名による戦いで、プロは渡邉彩香、松森彩夏、原英莉花、藤田光里、諸見里しのぶ、三ヶ島かならが出場予定。アマは今年の日本ジュニア女子15歳〜17歳の部2位の政田夢乃や、2017年の日本女子学生優勝の小西瑞穂らが名を連ねている。

予選は2日間・36ホールストロークプレーで行われ、本大会への通過人数は初日に発表される。なお、今年の日本女子オープンは畑岡奈紗の3連覇がかかっている(最多は1968年〜1971年の樋口久子による4連覇で、畑岡が達成すれば史上二人目)。

※本戦への出場権は2017年日本女子オープン上位15位や2017年日本女子ツアー賞金ランキング上位30位、2018年8月20日時点での日本女子ツアー賞金ランキング上位30位、2018年日本女子アマ優勝者など

<ゴルフ情報ALBA.Net>