大会3勝目なるか 2年ぶり参戦の石川遼は秋吉翔太と今平周吾との組みあわせ

大会3勝目なるか 2年ぶり参戦の石川遼は秋吉翔太と今平周吾との組みあわせ

石川遼は大会3勝目なるか?(写真はKBCオーガスタ最終日)(撮影:佐々木啓)

<フジサンケイクラシック 事前情報◇28日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

秋の訪れを感じさせる富士の麓で開催される「フジサンケイクラシック」。山梨県の富士桜カントリー倶楽部で30日(木)から熱戦が繰り広げられるが、開幕を2日後に控え、予選ラウンドの組み合わせが発表された。


2009年に大会初優勝を挙げ、翌年は高校の先輩、薗田峻輔とのプレーオフを制し大会連覇を果たした石川遼は、今季初優勝から立て続けに2勝目を飾った秋吉翔太と、若手ホープの今平周吾とラウンド。前週は熱中症にかかるなど体調が心配される石川だが、大会3勝目に期待がかかる。

5月の公式戦「日本プロゴルフ選手権」を制した50歳の谷口徹も注目選手の1人。現在賞金ランキング1位で海外メジャーでも奮闘した時松隆光、昨年覇者のH・W・リュー(韓国)との同組も注目だ。

先週の「RIZAP KBCオーガスタ」でうれしいツアー初優勝を遂げた出水田大二郎は、歴代チャンピオンで大会2勝のキム・キョンテ(韓国)と池田勇太との組み合わせ。

総距離7500ヤードを越えるモンスターコースの富士桜。2年ぶりに出場の石川。勢いのある鹿児島出身の出水田や福岡出身の時松、熊本出身の秋吉ら九州勢の戦いにも注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)