2度目の日本女子オープンでプロテストの雪辱を! 今綾奈 「できることをしっかりと」

2度目の日本女子オープンでプロテストの雪辱を! 今綾奈 「できることをしっかりと」

2度目の女子オープン出場を果たす今綾奈 今回求めるのはズバリ結果だ(撮影:ALBA)

<日本女子オープン選手権最終予選 最終日◇28日◇紫カントリー倶楽部すみれコース(6,653ヤード・パー72)>

プロテストの雪辱はメジャーの舞台で果たす!今年ツアーデビューした今綾奈が、1オーバーで迎えた「日本女子オープン選手権 最終予選」の最終日に「69」をマーク。トータル2アンダー・14位タイで本戦出場権を獲得した。


軟らかいものの、難しい位置にピンが切られたグリーンに多くの選手が苦しめられるなか、「ショットが良くて、難しい状況にならなかったことで、自分のリズムで回れました」と話す今がバーディを積み重ねた。

3年前の2015年大会以来2度目となる本戦出場。埼玉平成高2年時にアマチュア選手の一人として臨んだ大会は、「技術面で足りない部分があるのは分かっていたけど、トッププロと回って、何かを盗めたらいいなと思っていました」と胸を躍らせながらのラウンドとなった。

「(プロは)球が全然違うなと思いました。グリーンは止まるし、ティショットにもバリエーションがあって、色々なことができるんだなというのが印象です」と当時痛感したことを振り返った。あれから3年が経過。今回求めるのは「経験」ではなく「結果」だ。

「プロテストに落ちてしまったので挽回というわけではないですが、いい成績を残したいです。上位にくいこみたい」

先月、自身2度目となる最終プロテストに挑んだ今。結果は1打及ばず不合格と、悔しさにまみれた。しかしすでに「切り替えはできている」と前を向き、「今できることをしっかりとやりたい」とクラブを振る毎日を送っている。

前回の日本女子オープンはトータル17オーバーで予選落ちと、その高い壁に弾かれた。しかし、今年ステップ・アップ・ツアー10試合に出場するなど、プロの世界で揉まれながら、着実に経験は積んでいっている。「プロテストに落ちた後は、しゃぶしゃぶとかお肉をたくさん食べて気持ちを切り替えました」と話す“肉食系女子”が、逆境を乗り越えた強さをメジャーの舞台で結果につなげる。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>