秋間近、女王争いを彩る2人の影が大きく見えた…【カメラマンの景色】

秋間近、女王争いを彩る2人の影が大きく見えた…【カメラマンの景色】

賞金女王争う二人の奇跡のショット(撮影:村上航)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【ニトリレディス編】。


北海道は小樽カントリー倶楽部で開催された「ニトリレディス」。優勝したアン・ソンジュ(韓国)が、賞金レーストップを走る鈴木愛に約1000万円差と迫った。同じくニトリでこちらは3位タイに入った比嘉真美子も、約2600万円差と、まだまだ差はあるものの、追い上げを見せている。

鈴木がケガのため約2カ月に渡り戦線離脱の中、じりじりと上がっている2人。3日目には同組でのラウンドとなったが、思いがけず2人が収まった写真が撮れたのは村上航カメラマンだ。

「こういう形で2人が入るとは思わなかったですが、珍しい写真だったので印象に残っています」と、確かに珍しい構図になっている。「鈴木選手がいないなかとはいえ、この2人が女王レースを面白くする気がします。比嘉さんは全英リコー女子オープン以降、凄みがありますし、ソンジュ選手も4勝目。3つどもえの戦いが面白くなりそうですね」(村上カメラマン)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)