時代は180cm超え!第2の“松山似”現る!? 姉もプロの新鋭・河本力(りき)に注目

時代は180cm超え!第2の“松山似”現る!? 姉もプロの新鋭・河本力(りき)に注目

豪打爆発!アマチュアの河本力が轟音を響かせる(撮影:ALBA)

<フジサンケイクラシック 事前情報◇29日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

松山英樹に似ている?と話題となったのが、先週初優勝を決めた出水田大二郎。今週、練習場に行ってみると、その出水田に背格好がよく似た選手がひとり。アマチュアの河本力(かわもと・りき、日本体育大学1年)だ。


本大会へはマンデートーナメントを通過して出場。今季プロトーナメントへの出場は、先週の「RIZAP KBCオーガスタ」に続き2試合目。身長は出水田と同じく183cm。持ち味はなんといっても飛距離。KBCオーガスタでは驚きの平均飛距離『312.25』ヤードを記録。「今週は有利だと思います。普通にやれば、予選も通れると信じています」と力強いコメント。国内男子ツアーのドライビングディスタンス部門では、額賀辰徳の307.58ヤードが1位。プロを相手にしてもトップクラスであるというわけだ。

現在は日本体育大学の1年生で、石川遼の弟・航(わたる)と同部屋で寮生活を送っている。航との付き合いは高校時代から。自身もキャロウェイのクラブを使用しているため、キャロウェイ契約の石川遼との交流もある。「航は、お兄さんとは全然違いますよ。スーパースターの弟だって考えられないですよね(笑)。可愛いですよ、あいつは」と、仲の良さが伺える。河本自身も、今年のプロテストで合格した結(ゆい)を姉に持つ。結のインスタグラムに2ショットを披露するほど姉弟で仲もいい。

「大学3年になったらQTを受けようと思っています。いつかは松山英樹さんみたいになりたいです」。身長はすでに松山並み。プロトーナメントで名前を響かせ、実績も追いつきたいところだ。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)