安田祐香ら日本チームが単独首位発進 中国が1打差2位【世界女子アマゴルフチーム選手権】

安田祐香ら日本チームが単独首位発進 中国が1打差2位【世界女子アマゴルフチーム選手権】

個人の部で単独首位発進を決めた安田祐香(写真は宮里藍 サントリーレディス)(撮影:佐々木啓)

<第28回エスピリトサントトロフィー 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権 初日◇29日◇カートンハウス・モンゴメリーコース&オメーラコース>

今年で28回目を迎える「エスピリトサントトロフィー 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権」が8月29日(水)にアイルランドのカートンハウス・モンゴメリーコース&オメーラコースにて4日間の日程で開幕。初日の競技が終了し、日本の安田祐香(滝川第二高校3年)が7アンダーをマークし、個人戦で単独首位発進を決めている。


今年の「全国高等学校ゴルフ選手権春季大会」を制覇した安田は、西村優菜(大阪商業大学高校3年)、古江彩佳(滝川第二高校3年)と出場した同年の「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」でも個人・団体戦でダブル優勝を果たすなど、次世代のスター候補として注目を浴びている。

西村、今年の「日本女子アマ」覇者の吉田優利も1アンダー・13位タイと好スタートを切り、日本は団体でも8アンダー・単独トップ発進となった。2位に6アンダーの中国、3位タイに4アンダーのドイツ、オーストリア、大会連覇を狙う韓国が続いた。

団体戦は3名中2名のベストスコアをその日のチームスコアとし、合計スコアで勝負を競う。

【初日の結果】
■団体戦
1位:日本(-8)
2位:中国(-6)
3位T:ドイツ(-4)
3位T:オーストリア(-4)
3位T:韓国(-4)

■個人戦
1位:安田祐香(-7)
2位:ドゥ・モーハン(-6)
3位T:レベッカ・ケイ(-4)
3位T:チョ・アヤン(-4)
3位T:レオニー・ベテル(-4)